格安Amazon Fireタブレット「Fire HD 8」16GB/32GBのスペック

高性能なタブレットが欲しくありませんか?

Amazon Fireタブレットシリーズの「Fire HD 8」は、低価格で高性能なタブレットです。

スタイリッシュなタブレットがほしい人におすすめ

この記事では、Fire HD 8のスペックと価格についてお伝えしていきます。あなたの購入の参考になれば幸いです。

61vk5vh-mbl-_sl1000_

価格

通常価格:11,980円(税込)

プライム会員:7,980円(税込)

エントリーモデルのFireと比べると、価格が高くなります。Fire HD 8が高いというより、「Fire 7」が安すぎるんですね。とはいえ、7型と8型では、1の差でも結構画面サイズに違いがあります。ニューモデルになってから、プライム会員の4,000円引きが適用されるようになりました。

Fire 7」もおすすめですが、イチオシは「Fire HD 8」+プライム会員です。音楽聴き放題動画見放題など、多数の特典がついてきます。ぜひ一度無料体験してみてはいかがでしょうか?

→ プライム会員について詳しく見る

画面サイズ

8型

7型のFireと比べて一回り大きい8型の画面になっています。まだ片手で持てるサイズですね。7型よりももうちょっと大きい画面が欲しいならこちらを選びましょう。1型の差でも、比べてみると結構違いがあります。

解像度(画素密度)

1280 × 800(189 ppi)、反射防止IPSディスプレイ

画面サイズが大きくなったので、Fireから解像度も向上して高精細になっています。とはいえ、見た目はFireとそれほど大差ないでしょう。Fireのレビューで実際の画面の画像を掲載しています。参考までにどうぞ。

→ Fireの画面画像を掲載したレビュー記事

カラーバリエーション

ブラック

ニューモデルのFire HD 8になってから、ブラックのみになってしまいましたね。再び、カラーバリエーションが増えるかもしれません。カラバリで選ぶなら、「Fire HD 10」がおすすめ。アルミボディのシルバー色がありますよ。

CPU(プロセッサ)

クアッドコアCPU 1.3GHz×4

FireとCPU性能は、全く同じです。サクサク処理するには十分な性能でしょう。ムダに性能が高くないほうが、省エネでいいこともあるのです。

スピーカー

デュアルステレオスピーカー、イヤホンジャック付き

スピーカーはFireから大幅に改善しています。背面ではなく、ちゃんと側面についているので机などにおいても穴が塞がれてしまうことはありません。また、デュアルスピーカーとあるように2つ付いています。とは言え、音質はそれなりなので、音質を求めるなら、Bluetoothを活用しましょう。

→ Fireタブレット対応Bluetoothスピーカー

→ Fireタブレット対応Bluetoothイヤホン

マイク

あり

マイクは本体の上面についています。SkypeLINE(※要Playストア)で無料音声通話をする際に使用できます。なお、SIMを挿すことはできません。音声通話アプリを使っての通話のみです。

→ FireタブレットにLINEをインストールする方法

記憶容量(内蔵ストレージ)

16GBもしくは32GB

写真や音楽、動画などを多く保存する人は32GBを選んでおきましょう16GBを選んでおいて、microSDカードで容量を追加するといったこともできます。なお、一部はシステムで使用されるため、実際の容量はもっと少なくなります。具体的には、16GBモデルで約11.1GB、32GBモデルで約25.3GBです。

カードスロット

microSDカードスロット(256GBまで対応)

256GBまでのmicroSDカードを挿すことで本体の記憶容量を増やすことができます。OSのバージョンアップによってKindle本もmicroSDカードに保存できるようになりました。これで容量に困ることはないでしょう。

カメラ

フロントVGAカメラおよび2メガピクセルリアカメラ

カメラはFireと全く同じです。バリバリ写真を撮りたいなら、「Fire HD 10」にした方がいいでしょう。SkypeやLINEでのビデオ通話にも使えます。

Wi-Fi

シングルアンテナ(IEEE 802.11a/b/g/n対応)

Wi-Fiはシングルアンテナひとつですが、使用上特に問題はありません。本体よりも、接続するWi-Fi環境に影響されます。なお、アンテナといっても内蔵ですから、外に棒が出てくるわけではありません。

Bluetooth

あり

Bluetoothが搭載されているので、Bluetooth対応のキーボードやスピーカー、イヤホンなどが使えます。コードレスで自由に取り回しができるので便利ですね。文字入力はやはりキーボードのほうが楽ですよ。

→ Fireタブレット対応Bluetoothスピーカー

→ Fireタブレット対応Bluetoothイヤホン

バッテリー持続時間

最大12時間

Fireよりも4時間バッテリー持続時間が長くなっています。0%からの満充電には5時間程度かかります。急ぐ方は、アクセサリの急速充電アダプタがオススメ!なお、電源を切っておけば、バッテリはほとんど消費しません。

本体サイズ

214mm x 128mm x 9.7mm

ハンドバッグにもスッと収まるサイズでしょう。片手で持つならこれぐらいのサイズがおすすめです。

本体重量

369グラム

Fireより画面サイズが大きいので、70グラムほど重くなっていますね。iPad miniと同じぐらいの重さですから持ちやすいでしょう。片手でも楽に持っていられます。

サポート

メール、チャット、電話、画面共有

Fireタブレットシリーズはサポートが手厚いです。初心者の方でも電話で丁寧に教えてくれますから安心して使えます。また、よくわからないときはタブレットを遠隔操作してもらうことも可能です。なんとも親切なものですね。

まとめ

Fire HD 8は、低価格で高性能なタブレットです。Fireではちょっとスペック不足だな、と思われる人はFire HD 8を選んでみましょう。あなたもサクサク動く快適なタブレットを使ってみませんか?

→ 関連記事「Fireタブレットシリーズの比較」