Amazon Fire 7 タブレット購入レビュー「初期設定編」3/4

Fireタブレットの初期設定方法が気になりますか?

前回から、全4回に分けてFireタブレットの購入レビューをお伝えしています。今回、第3回目ではタブレットを起動して初期設定をしていきます。実際に撮影した写真を使って、レビューしているのでぜひご覧ください。

レビューしているのは、最新の「Amazon Fire 7 タブレット」です。

タブレットを起動する

fire-tablet-review-setting-1

fire-tablet-review-setting-2

Fireタブレット右上の電源ボタンを長押しすると、タブレットが起動します。Amazonのロゴが表示された後に、Fireのロゴが表示されますので、ちょっと待ちましょう。

言語とフォントサイズを設定する

fire-tablet-review-setting-3

タブレットが起動したら、はじめに言語フォントサイズを設定します。日本語を選んで、お好きなフォントサイズを大中小から選びます。選択したら、続行ボタンをタッチして次に進みましょう。

Wi-Fi接続を設定する

fire-tablet-review-setting-4

次に、Wi-Fi接続を設定します。接続するSSIDを選択しましょう。よくわからない方は、無線ルーターの説明書を読んでみてください。また、後で設定することもできます。

fire-tablet-review-setting-5

SSIDを選択すると、パスワード入力画面になります。パスワードは、無線ルーターの本体に書いてあることが多いです。パスワードを入力して、接続をタッチします。

システムアップデートをする

fire-tablet-review-setting-6

うまくWi-Fiに接続できれば、自動的にシステムアップデートが始まります。これで、Fireタブレットが最新の状態に更新されます。しばらくかかりますので、終わるまで待ちましょう。

Amazonアカウントとタイムゾーンの設定をする

fire-tablet-review-setting-7

システムアップデートが終わると、Amazonアカウントタイムゾーンの設定が表示されます。普通にAmazonから購入された方は、すでに設定されているので、そのまま続行ボタンをタッチしましょう。もちろん設定を変更することもできます。

位置情報サービスの設定をする

fire-tablet-review-setting-8

次に、位置情報サービスの設定をします。有効にするボタンをタッチしましょう。不要であれば、後で無効にできます。

バックアップと自動保存の設定をする

fire-tablet-review-setting-9

次は、バックアップ自動保存の設定をします。そのまま、続行ボタンをタッチしましょう。こちらも不要であれば、後で無効にできます。

ソーシャルネットワークの設定をする

fire-tablet-review-setting-10

次は、ソーシャルネットワークの設定をします。TwitterFacebookのアカウントを持っている方は、アカウントを設定しておきましょう。終わったら、続行ボタンをタッチします。

ようこそ!

fire-tablet-review-setting-11

ようこそ画面が表示されたら、初期設定は完了です。この画面はチュートリアルになっているので、最後まで確認して使い方を学んでおきましょう。

まとめ

この記事では、タブレットを起動して初期設定をしていきました。次は、タブレットのホーム画面を見ていきます。次回もぜひご覧ください。

→ 次回「ホーム画面編」を読む