GmailもOK!Fireタブレット「メール」アプリにできること

最近ではLINEなどのメッセージアプリが人気ですが、まだまだメールも必要ですよね?

Fireタブレットのメールアプリでは、Gmailなどのメールアドレスを簡単に設定して使うことができます。普段使っているメールアドレスでメールを送受信できるので、アドレスを増やす必要がありません。もちろん、メールはパソコンやタブレットなど、端末間で同期されるため管理も簡単です。

この記事では、実際の画面の画像を使って、どんなことができるのかを紹介していきます。

Gmailアドレスを設定したところ

mail-app-sidemenu

Gmailアドレスをメールアプリに設定すると、受信トレイ送信トレイゴミ箱などのフォルダが表示されます。表示されているフォルダは、すべてGmail側と同期されているため、他の端末での変更が即座に反映されます。自分でフォルダ分けしたものもしっかり表示されていますね。

受信トレイ

mail-app-receive

受信トレイには、受信したメールが一覧表示されます。Gmailなどプッシュ配信に対応しているメールアドレスであれば、いちいちメールを確認しなくてもケータイメールのように自動受信するので手間が省けます。一覧のメールをタッチすると本文が表示されます。

メール本文

mail-app-body

メール本文もシンプルな表示ですね。この画面からメールを削除したり、返信したりできます。他にもフォルダ分けしたり、印刷したりなどGmailでできることはだいたいできるようになっています。

スライドしてメールを削除する

 

mail-app-slidedel

メール本文を読んでからメールを削除してもいいのですが、受信トレイで明らかに不要なメールがある場合は、横にスライドすることで簡単に削除できます。いちいちメールを開く必要がないので非常に便利です。

メールの新規作成

mail-app-newmail

画面右下の鉛筆マークのボタンをタッチすると、新規メールを作成できます。パソコンのメールと同じように、宛先件名本文を入力してメールを作成します。宛先やCC、BCCのメールアドレスは連絡先アプリに登録しているアドレスから選択するか、新規に入力できます。また、端末に保存されているファイルを添付したり、新たに写真を撮って添付したりするのも簡単です。

まとめ

メールアプリは、たいていのメールアドレスと同期することができるので、他の端末と併用するのも簡単です。余計な機能がなく、シンプルで使いやすいアプリになっています。Fireタブレットで手軽にメールをチェックしてみてはいかがでしょうか?

→ 関連記事「Fireタブレットの通話・チャットアプリ」