どっち買う?FireタブレットとKindleを比較してみた

VS

 

FireタブレットKindleの違いをご存じですか?

2つともAmazonの端末ですが、目的が異なります。
両方買うのが手っ取り早い方法ですが、どちらか選ぶ場合にはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、3つの項目に着目して、両者を比較していきます。
自分にはどちらの端末が合っているのか考えてみましょう。

FireタブレットとKindleの比較

本体

Kindleは電子書籍リーダーなので、本体もとてもシンプルです。
上位モデルには、ページ送りボタンがついていますが、基本的には電源ボタンだけです。
コネクタも、充電用のUSB端子しかありません。

一方、Fireタブレットは、カメラマイクmicroSDカードスロットが付いています。
もちろん、充電用のUSB端子もあります。

画面

Kindleは、E-Inkという電子ペーパー画面を採用しているため、白黒です。
カラー表示はできないものの、紙に印刷したような表示が可能で、目に優しいです。
バックライトがありませんので、寝る前に読んでいても睡眠を妨げません
見た目は白黒ですが、意外にもタッチパネルになっていてタッチ操作できます。

一方、Fireタブレットは、一般的なカラーIPS液晶画面です。
格安にもかかわらず、なかなかの高精細です。
下記の記事で画面写真を掲載しているので、参考にどうぞ。

→ Fireタブレットの実機画面

機能

Kindleは、電子書籍リーダーに特化しているため、本を読む以外の機能はありません
例外として、簡易的なブラウザが搭載されており、白黒画面でインターネットができます。
白黒といっても階調があるので、意外と普通にブラウジングできました。

一方、Fireタブレットは汎用端末のため、インターネットメールカメラビデオ音楽買い物など、さまざまなことができます。
また、新しいアプリをインストールすることもできるため、自分の好みに応じてカスタマイズできます。
もちろん、Fireタブレットでも電子書籍が読めます
しかも、Kindleと違って、カラーで!

まとめ

どちらの端末が合っているのかお分かりになりましたか?

どちらの端末も、複数のモデルがあります。
モデル選びに迷ったら、下記の記事を参考にどうぞ。

→ Fireタブレットのモデル比較

→ Kindleのモデル比較