FireタブレットでGooglePlayストアからアプリをインストールする方法

FireタブレットでもPlayストアからアプリをインストールしたくありませんか?

実は、FireタブレットでもPlayストアが使えるようになる簡単な方法があるんです。

この方法を使えば、使えるアプリの数が飛躍的に増え、Fireタブレットを1000%活用できます!
私もこの方法で、2台のFireタブレットにPlayストアをインストールして使っています。

いろいろな方法がありますが、この記事では、一番簡単な方法を紹介していきます。

Playストアのインストール手順

1:インストール設定を有効にする

google-play-store-setting

まず、ホーム画面から設定アプリを起動して、セキュリティをタッチします。

google-play-store-security

そして、不明ソースからのアプリ設定を有効にします。
このときメッセージが表示されますが、OKをタッチすれば大丈夫です。

2:ES File Explorerをインストールする

google-play-store-esfilemanager

次に、ホーム画面からアプリ(という名前のアプリ)を起動して、「ES File Explorer」で検索してインストールします。

3:Playストアのインストールファイルをダウンロードする

次に、ホーム画面からSilkブラウザを起動して、下記のファイルを1つずつダウンロードして下さい。

Google Account Manager_4.0.3-239410.apk

Google Play services_4.4.52 (1174655-036).apk

Google Services Framework 4.0.4-338691.apk

Google Play Store_4.6.17.apk

4:Playストアをインストールする

google-play-store-download

次に、先ほどインストールしたES File Explorerを起動して、ローカルダウンロードとタッチしてファイルを表示します。

google-play-store-install

次に、下記の順番でインストールしていきます。

ファイルをタッチすると、プロパティが表示されるのでインストールをタッチします。
後は、画面の指示に従ってインストールを進めます。

  1. Google Account Manager
  2. Google Play services
  3. Google Services Framework
  4. Google Play Store

5:Playストアを起動する

これでインストールが完了したので、ホーム画面にPlayストアのアイコンがあるはずです。
タッチして起動しましょう。

サービスの更新Googleアカウントの登録をすれば、作業はすべて完了です。
お疲れ様でした。

後は、Androidと同様にPlayストアから好きなアプリをインストールできます
一部動作しないアプリやインストールできないアプリもありますが、ほとんどのアプリは問題なく使用できます。

まとめ

正直、格安のFireタブレットでPlayストアまで使えるのは驚きですね。
タブレットしては、非常にコストパフォーマンスが高いです。

アプリストアのアプリ数はPlayストアに比べて少ないので、この方法を使ってたくさんのアプリを楽しみましょう!

まだ持っていない方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?