仕事に役立つ!Fireタブレット「ドキュメント」アプリにできること

仕事で使う書類がかさばっていませんか?

Fireタブレットのドキュメントアプリでは、WordファイルPDFファイル画像ファイルを閲覧できます。タブレットに保存するには、専用のメールアドレスに添付ファイルとして送信するだけです。外出先で書類を確認するのにも役立つでしょう。

この記事では、実際の画面の画像を使って、どんなことができるのかを紹介していきます。

SEND-TO-KINDLEドキュメント

document-app-sendto

SEND-TO-KINDLEドキュメントには、専用のメールアドレスに添付ファイルとして送信したドキュメントが表示されます。専用のメールアドレスは、自分専用にAmazonが自動的に作成してくれます。ドキュメントを保存するのに、いちいちパソコンに接続しなくてもよいのでとても便利ですね。

CLOUD DRIVE

document-app-cloud-drive

CLOUD DRIVEには、Amazonのクラウドストレージに保存されているドキュメントが表示されます。クラウドストレージは、インターネット上のファイル保管場所で、だれでも無料で5GBまでのドキュメントを保存できます。クラウドに保存されているドキュメントは、パソコンやスマホなど他の端末からも見れますので、複数の端末を持っている方におすすめします。

ローカルストレージ

document-app-local-storage

ローカルストレージには、Fireタブレット本体に保存されているファイルが表示されます。しかしながら、ほとんどのファイルは各アプリから表示できますので、上級者の方以外は直接ここのファイルを扱う必要はないでしょう。よくわからない方は、触らないほうが無難です。

まとめ

Fireタブレットは、仕事でWordファイルやPDFファイル、画像ファイルを持ち運ぶのに役立ちます。もちろん、パソコンと併用してサブディスプレイのような使い方をするのもアリです。クラウドストレージを活用して、複数の端末からファイルを確認するのも便利です。あなたなりの使い方を考えてみましょう。

→ 関連記事「Fireタブレットのクラウドストレージアプリ」