予定忘れ0に!Fireタブレット「カレンダー」アプリにできること

うっかり予定を忘れてしまったことはありませんか?

Fireタブレットのカレンダーアプリなら、予定を忘れずに管理できます。すでに、Googleカレンダーなどで予定を管理している方も、簡単に予定を同期できるので、併用しても問題ありません。

この記事では、実際の画面の画像を使って、どんなことができるのかを紹介していきます。

月表示

calender-app-month

カレンダーアプリでは、4つの表示形式の切り替えができます。そのひとつが、月表示です。その月の予定を、ざっと確認したいときに便利ですね。全体的に、シンプルで見やすいデザインになっています。

週表示

calender-app-week

次は、週表示です。週の予定を、時間単位で確認できます。現在時刻にはラインが引かれていて、パッと見るだけで現在の予定がわかりますね。

日表示

calender-app-day

次は、日表示です。週表示と見た目はあまり変わりませんが、こちらは1日のみの表示になっています。当日の予定を、時系列で確認したいときに便利です。

予定表示

calender-app-plan

最後は、予定表示です。カレンダー形式ではなく、予定のみの一覧を確認できます。これから先、どんな予定が入っているのかを確認するのに役立ちます。

予定の追加

calender-app-add-plan

予定の追加は、月、週、日、予定、どの画面からでも行えます。+ボタンをタッチするか、予定を入れたい日時をタッチすると、上図の画面になります。タイトル日時を指定できるほか、忘れないためにリマインダー(お知らせ機能)を設定できます。

まとめ

このようにカレンダーアプリでは、効率的に予定を管理できます。タブレットは持ち運びが簡単なので、外出先で予定を確認するのに役立ちます。予定がたくさんある方は、Fireタブレットで予定を管理してみてはいかがでしょうか?

→ 関連記事「Fireタブレットのメモアプリ」