Fireタブレットで購入!「Amazonでお買い物」アプリにできること

FireタブレットはAmazon製なので、もちろんAmazonでお買い物できます。といっても、ブラウザから見るのではなく、最初から専用のアプリがインストールされています。その名も「Amazonでお買い物」!とてもわかりやすいネーミングですね。

Amazonでお買い物アプリは、タブレットで使いやすいように作られています。パソコン版とは違った画面構成になっていて、とても操作しやすいです。

この記事では、実際の画面の画像を使って、どんな使い勝手になっているのかを紹介します。

トップ

buy-amazon-top

Amazonでお買い物アプリを起動すると、まずはこのトップ画面が表示されます。パソコン版とは違った、縦長のページ構成になっていますね。画面上部には、メニューボタン検索ボックスカートボタンがあり、一通りの機能がここにまとまっています。それでは、メニューの中を見てみましょう。

メニュー

buy-amazon-menu

パソコン版よりもメニュー項目は少ないですが、だいたいパソコン版と同じことができます。パソコン版だと、ミュージックやビデオの項目がありますが、Fireタブレットでは、カテゴリの中に入っており、このメニューには項目がありません。このメニューから、カテゴリをたどって商品を探せます。それでは、カテゴリを見てみましょう。

商品カテゴリ

buy-amazon-category1

画像付きで、わかりやすくカテゴリが並んでいますね。ここは、パソコン版よりも見やすいのではないでしょうか?カテゴリは2階層になっているので、いずれかのカテゴリをタッチすると次の階層が表示されます。

buy-amazon-category2

カテゴリの内容はパソコン版と同じです。いつもパソコン版のサイトを見ている方は、特に迷うことはないでしょう。再度、カテゴリをタッチすると、カテゴリ内の商品の一覧が表示されます。

buy-amazon-list

カテゴリ内の商品が、ボックス状に一覧表示されていてざっと見るには最適ですね。検索ボックスから商品を検索したときは、また違った画面になるのでそちらも見てみましょう。

商品検索結果

buy-amazon-search1

画面上部の検索ボックスで検索すると、今度はリスト形式で検索結果が表示されます。こちらの画面は、パソコン版に近い感じですね。リスト中の商品をタッチすると、商品ページが表示されます。

商品ページ

buy-amazon-search2

検索結果から商品ページを表示すると、画面の上部に検索結果が表示されています。横にスライドできるようになっていて、いちいち検索結果画面に戻らなくても、次の商品ページを表示できるのでとても便利ですね。よく考えられています。商品ページも縦長の構成になっていて、注文ボタンやレビューなど情報量はパソコン版と変わりありません

buy-amazon-item

buy-amazon-review

カート

buy-amazon-cart

パソコン版との一番の違いは、カートなどの注文をするときの画面でしょう。タブレットで購入しやすいように、シンプルな画面構成になっています。手のひらの上で気軽に注文できるので、ついつい購入しちゃいそうですね。

タイムセール

buy-amazon-timesale

最後に、タイムセールの画面を紹介します。Amazonでは、定期的にタイムセールが開催されています。期間限定で、人気商品を安く買うことができるので、時間があるときにチェックしてみるとよいでしょう。タブレットなら寝転びながらでもチェックできるので、暇なときにチェックするにはうってつけですね。

まとめ

Fireタブレットなら、Amazonで買い物がしやすいのがお分かりになったかと思います。「スマホは画面が小さくて注文しづらい」「パソコンは場所が限定されるし、起動するのが面倒」といった方は、Fireタブレットを購入してみてはいかがでしょうか?

→ 関連記事「Fireタブレットのお買い物アプリ」