FireタブレットはAndroidとは違う?Androidアプリ使う方法 – FireタブレットとAndroidタブレットの違いを解説

FireタブレットAndroidタブレットとの違いを知っていますか?
似ているようですが、結構違いがあります。

この記事では、FireタブレットとAndroidタブレット(スマホ)との違いについて説明していきます。
また、FireタブレットでAndroidアプリを使う方法についても解説していきます。

FireタブレットはAndroidではない?

パッと画面を見た感じ、FireタブレットはAndroidタブレットのように見えます。

それもそのはず、FireタブレットはAndroidをカスタマイズしたものだからです。
オリジナルのAndroid OSに、Amazon独自の機能や制限を加えています。

なぜカスタマイズされているかというと、Amazonのサービスを使ってもらいたいからです。
その分、一般的なAndroidタブレットよりもAmazonのサービスが使いやすくなっています

システムに近い部分はほぼAndroidのままですが、画面などのユーザーに近い部分はAmazonによって変更が加えられています。

FireタブレットではAndroidアプリを使えない?

一般的なAndroidタブレットとの一番大きな違いは、Androidアプリが使えないということです。

正確に言うと、Google Playストアからアプリをインストールできないということですね。
標準では、Amazonが提供しているアプリストアからのみアプリをインストールできます。

しかし、アプリストアのラインアップは、Playストアに比べると見劣りします
Playストアからアプリをインストールしたい、という方も少なくありません。

しかし、実はFireタブレットでもPlayストアからアプリをインストールする方法があるのです。

FireタブレットでAndroidアプリを使う方法

何やらアングラな感じがする方もいるかもしれませんが、方法的にはアプリをインストールすることと変わりありません

Google Playストアも単なるアプリにすぎないため、Playストアと関連のサービスをインストールしてやればいいだけです。
具体的な方法は、下記のページにて解説しています。

→ FireタブレットにPlayストアをインストールする方法

Playストアがインストールできたら、後はストアからアプリをインストールし放題です。

FireタブレットはAndroidベースなので、ほとんどのアプリは互換性の問題もなく、正常に動作します
格安タブレットを最大限活用できる、非常におすすめの方法です。

まとめ

いかがでしたか?

Playストアをインストールすると、アプリの数が飛躍的に増えます
ゲームやエンタメを思う存分楽しめるでしょう。

もちろん、Amazonが提供している動画見放題サービス音楽聴き放題サービスも魅力的です。
プライム会員になると、非常にお得にサービスを体験できます。
30日間の無料体験もありますよ!

→ プライム会員について詳しく見る