おすすめの「高田郁」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「高田郁」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「高田郁」

いつか夜の終わりに (双葉文庫)

山中で迷った僕は、山奥の不思議な村に辿り着く。そこで出会った少女と、ある約束を交わすが……。切なくも希望に満ちたラストが鮮烈な「てのひらたけ」他、3編を収録。

偽り時雨~出世花 其之三~ (A.L.C. DX)

江戸時代の納棺師・三昧聖として成長する少女・正縁。彼女の元に、一人の女郎が葬送の依頼に訪れた。依頼先で正縁を待ち受けていた不可解な“謎”とは…。

糸車 (集英社文庫)

深川の長屋で独り暮らしのお絹。三年前までは、松前藩家老の妻だったが、夫を殺され息子勇馬は行方不明。小間物の行商をして、勇馬を探し続けている。商いを通じて、同心の持田、茶酌娘などと親交を深めるうち、様々な事件に巻き込まれ、それぞれの悩みに共感し奔走するが……。船宿の不良娘と質屋のどら息子の逃避行、茶酌娘の縁談、そしてお絹に芽生えた静かな愛。下町の人情が胸に染みる時代小説。

出世花 (A.L.C. DX)

死者の弔いを行う墓寺・青泉寺に拾われた少女・お艶。数奇な運命を背負いながらも健気に成長していく…。 時代小説家・高田郁の話題作を原作に得て江戸時代の納棺師“三昧聖(さんまいひじり)”や日本人の死生観を描いた、爽やかで荘厳な時代劇!!

銀二貫 (A.L.C. DX)

父親を仇討ちで殺された少年・鶴之輔は、大坂天満の寒天問屋の主人・和助に拾われ丁稚となる。商人として生きていく決意をした少年に、激動の運命が押し寄せる…! 人気時代作家・高田郁の初期の傑作時代劇を完全漫画化!!