おすすめの「高岡英夫 トレーニング」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「高岡英夫 トレーニング」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「高岡英夫 トレーニング」

鍛錬の理論――東洋的修行法と科学的トレーニング

スポーツ・武道界に空前の「レフパワー・ブーム」を巻き起こし、トレーニング界の理論を根底から変革させたベストセラー、高岡英夫の鍛練シリーズ、第1弾。筋力、パワー、力と技といった、スポーツの基礎的知識とその鍛錬(トレーニング)について、科学的に取り扱う。高岡英夫の徹底した修行者としての実践と科学者としての高い能力が、伝統的な武道修行法と最新のトレーニング理論を統一的に捉えることに成功。スポーツ、武道、ヨーガ、呼吸法、気功、瞑想・禅など、各身体文化の殻に閉じこもっている限りはお互いに永久に知ることのない、未知なる“智恵”と“技術”を発掘する。体力とは何か? 強さとは何か? 筋力トレーニングで本当に力を得、強くなることができるのか? スポーツ・武道といった“パワフルな身体運動”において、“本物の強さと生き方”を己の限界に挑戦してでも掴み取りたい、そこに近づきたいという実践者、そしてその指導者の光明となるであろう一冊。

日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55 (単行本)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「ワールドカップで優勝する」
2014年ブラジル大会前にそう宣言する選手たちもいた。「もしかしたら」「奇跡が起これば」…応援する我々はどこかで期待をしていた。結果は・・・。
大会後、「フィジカルだけは今すぐどうにか出来るものではない」と日本サッカー協会は総括した。
始まる前から「勝てない部分」を認めた発言だ。しかし本当にそれは「仕方ない」こととして世界一になれるのだろうか?
世界には近づいたけれど、でも頂点には程遠い、それを実感しただけの大会に終わった。
このまま次の大会もその次の大会も、「フィジカルは仕方ない」まま挑むのだろうか?
本書は、日本人が根本的に抱える身体の使い方の問題、鍛え方の問題、それ以前のトレーニングに対する誤解・・・・。
著者高岡英夫は運動科学者。本書では、著者がこれまで長年にわたって研究してきた日本人の身体的な問題を具体的な例を挙げて解説。
メッシやクリスティアーノ・ロナウド、ネイマールらにあって日本人にないもの。それらを「裏転子(ハムストリングス)」「腸腰筋(インナーマッスル)」「球軸(センター)」「ゆるむ」などいくつかのキーワードで解説し、それを克服するための具体的な正しいトレーニング法(サッカーゆるトレーニング)を伝授。

高岡英夫の本には書けない裏話「マルクロ武蔵論」

実は、宮本武蔵は、ゆるゆるにゆるみ切った、ものすごくふざけた人間だった……。「真面目かつプッツン論理」――究極的に凄まじい業績を達成する人間は、必ずこれら二つの次元を兼ね備えているという。『五輪書』の「水の巻」に焦点を当て、身体理論から宮本武蔵の真実を描き出した高岡英夫の著書『宮本武蔵は、なぜ強かったのか? 「五輪書」に隠された究極の奥義「水」』に書けなかった裏話を著者自らが語る。宮本武蔵の人物像の本当の姿をあぶり出しながら、その強さを解明。従来の武蔵像からはまったく想像もつかないような、根底からのパラダイム・シフト。武蔵の本当の強さの中身をおもしろ、おかしくユーモアを交えて解説した武蔵論である本書は、電子書籍だからこそ描くことのできた、新たな宮本武蔵の魅力に触れられる、武蔵ファン必読の一冊。

絵で分かる 1週間ステップアップ「ゆる体操」

われわれの体や脳は、毎日の生活の中で想像以上のストレスを受けている。そのストレスが原因で血液循環が悪化し、どんどん全身が凝り固まり、こわばった状態になってしまう。そしてそのこわばりが、肩こり、むくみ、便秘、うつなどの体や心の不調の原因となる。著者である高岡英夫氏が開発した「ゆる体操」は、こうした体のこわばりを取り除き、つねに気持ちよくゆるんだ状態に近づけるための健康法である。本書では、とくに1週間という短期間でその症状が解消するようなプログラムを組み、イラストで分かりやすく紹介している。ここにある12のゆる体操は、数ある「ゆる体操」のなかでも特に効果の高いものをピックアップしたもの。初心者でも自宅でひとりで気軽に簡単に行えるものばかりである。テレビ・雑誌などで紹介されいま話題。ダイエット・シェイプアップ効果そして美容効果もある「ゆる体操」で、健康でいきいきした毎日をあなたのものに!

スポーツ・武道のやさしい上達科学

スポーツ・武道の指導者必読!! もっとも効率的に、明らかな形で上達するためにはどうすればいいのか? スポーツや武道の指南書には、やれ腰を使え、腰は動かすな、力を入れろ、力むな、腕の角度がどうだ、脚の角度がどうだと、初心者はもとより、上級者であっても正確にこなすことなどできない情報があふれんばかりに掲載されている。にもかかわらず、それらを指導していっても上達しないのは、なぜか?本書は、ゆる体操の創始者で、運動科学者である高岡英夫がスポーツ・武道が上達するための理論を科学的に説いた学術書である。そもそも上達とはどういうことか、そして、スポーツ・武道において上達するためには何が必要なのか。意識のありようを説く<意識論>と、運動の構造を解明した<構造運動学>という上達科学の両輪を、スポーツ・武道、日常生活等の豊富な事例を交えながら高岡が5W1Hに応える形で説いていく。本書を読めば、指導法・練習法を体系化する基本的な考え方を知ることができ、意識のコントロールと運動の構造が分かればケタ違いに上達する練習が可能になる!これからの時代は“上達のプロセス”それ自体に価値が置かれるようになる。これからの時代のスポーツ・武道の指導者が進むべき道のわかる1冊。(本書で取り上げているスポーツ・武道の例)サッカー、野球、ゴルフ、スキー、テニス、ボクシング、空手、ラグビー、バスケットボールなど