おすすめの「谷甲州 sf大賞」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「谷甲州 sf大賞」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「谷甲州 sf大賞」

コロンビア・ゼロ──新・航空宇宙軍史 (早川書房)

地球を中心とする航空宇宙軍と外惑星連合が戦った第一次外惑星動乱から四十年。タイタン、ガニメデ、木星大気圏など太陽系各地では、新たな戦乱の予兆が胎動していた。第二次外惑星動乱の開戦までを描く七篇を収録。著者のライフワーク、二十二年ぶりの最新巻

クー

未来世界を舞台に繰り広げられる、血と凌辱に彩られた過酷な戦い

 父親によって強制的に私設戦闘訓練所に入れられたクー。父の死後、訓練所から解放された彼女の部屋が何者かに荒らされる。彼女を追う謎の敵が姿を現した時、父の隠された過去とクー自身の秘密が明らかになるのだが、それは衰亡の一途を辿る人類にとっても重大な意味を持つものだった。悲劇のヒロイン・クーの孤独な戦いを描くSFバイオレンス。

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

鏡面のクー

悲劇のヒロイン・クーに再び災厄が降りかかる

「救世の科学」……人類救済を標榜する思想団体だが、実態は各地に網を張り巡らし、社会支配を目論む組織である。ブレスト・バレイにマネー・ルートを築くべく執行委員アレックスを派遣した「救世の科学」だったが、突如その計画に中止命令を下す。かつて彼らが追っていたサイ能力者に関連してのことらしいのだが…。好評SFバイオレンス『クー』の続編。

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

アーバン・ヘラクレス

警察公認の《賞金稼ぎ》が走る! 最高級ノンストップ近未来アクション!

 時は21世紀中庸。東京湾に浮かぶ未来的人工都市《TOKYO I.E.C.》に、犯罪者を狩る《賞金稼ぎ》と、かつてその手に囚われ復讐の鬼と化したテロリストの、意地と命をかけたゲームが始まった! 街に仕掛けられた爆弾は4つ、立ちふさがる壁は無数。限界まで体を痛めつけながらも、《賞金稼ぎ》九条隼人はなお走る!

 大作アクション映画のスピード感を、そのまま文字で繰り広げた近未来サスペンス・アクション。全面的な改稿を経て、電子書籍で復刊!

●久保田弥代(くぼた・やしろ)
1970年生まれ。2000年に、第3回ソノラマ文庫大賞佳作受賞作である本作によりデビュー。その後ソノラマ文庫より長編二本を出版、またホラー小説アンソロジー『異形コレクション20 玩具館』(光文社刊)にも短編一本を寄稿。以後は活動を停止するが、今回の電子版復刊にあたり十数年ぶりに改稿の筆を執った。

ポセイドン・ランナウェイ

逃げ場のない深海でタイムリミットが迫る! 緊迫のノンストップ近未来アクション!

 犯罪者ハンター、《賞金稼ぎ》の九条隼人は、東京湾の深海に建設された海底リゾート、《ポセイドン海殿》へと赴いた。狙いをつけた賞金首は、殺し屋《カメレオン・ザイオン》。海神の神殿が新たな世界へと走り出す時、そこに海神の息子……アンタイオスが降臨する。
 地上では警察がアンタイオスを追跡し、海底ではアンタイオスよって海底リゾートに次々と破局が訪れる、同時並行サスペンス・アクション。
 九条隼人……《ヘラクレス》は、今度も生き残ることが出来るのか!

●久保田弥代(くぼた・やしろ)
1970年生まれ。2000年に、第3回ソノラマ文庫大賞佳作受賞作である本作によりデビュー。その後ソノラマ文庫より長編二本を出版、またホラー小説アンソロジー『異形コレクション20 玩具館』(光文社刊)にも短編一本を寄稿。以後は活動を停止するが、今回の電子版復刊にあたり十数年ぶりに改稿の筆を執った。