おすすめの「谷崎潤一郎 作品」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「谷崎潤一郎 作品」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「谷崎潤一郎 作品」

『谷崎潤一郎作品集・17作品⇒1冊』【さし絵73枚つき】

「春琴抄(しゅんきんしょう)」「吉野葛(くず)」「蘆刈(あしかり)」。漢語や方言を使いこなし、作品ごとにがらりと語り口が変わる、近代日本文学を代表する小説家の一人、谷崎潤一郎の長短編を、芥川との交遊録をそえて1冊に収録。目次一覧から目当ての作品に移動することが可能です。

『谷崎潤一郎作品集・17作品⇒1冊』【さし絵73枚つき】・収録作品一覧

蘆刈
覚海上人天狗になる事
紀伊国狐憑漆掻語
恐怖
三人法師
春琴抄
少将滋幹の母
大切な雰囲気
盲目物語
吉野葛
途上
聞書抄(さし絵付) 

【関連作品】
谷崎潤一郎氏 芥川龍之介
「文芸的な、余りに文芸的な」より抜粋 芥川龍之介

【第二稿・2作品追加(2016/05/06)】
【第三稿・2作品追加(2016/05/18)】
【第四稿・作品『鍵』追加(2016/06/12)】
【第五稿・作品『少年』『幇間』追加(2016/07/05)】
【谷崎潤一郎作品集・出版委員会】

【復刻版】谷崎潤一郎訳「源氏物語(巻五) 若菜(上)~横笛」(「新訳」版) (響林社文庫)

【復刻版の原本】
この電子書籍は、以下の書籍の版面を複写し、シミ、ヤケ、活字のかすれ等をできるかぎり修正し、読みやすくした復刻版です(版面固定型)。
 谷崎潤一郎「潤一郎訳源氏物語 巻五」(中央公論社 昭和35年2月5日発行)
※ 挿絵、巻ごとの題字等の谷崎以外の者によるものは収録しておりません。
※ 端末によって見え方が異なる場合があるほか、復刻版の版面イメージの確認のためにも、無料サンプルをダウンロードし、確認の上でご購入下さい。なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをお勧めします。

【解説】
谷崎潤一郎の源氏物語の訳は、いくつかありますが、これは「新訳」版です。この新訳版も何回も出版されていますが、本書は、中央公論社が昭和34年~に出版した新書版の『谷崎潤一郎全集』と同じ装丁で出版された『潤一郎訳源氏物語』全8巻のうちの第5巻目です。
「若菜(上)」~「横笛」までが収録されています。
 与謝野晶子と並ぶ訳として名高い谷崎潤一郎の訳をお楽しみ下さい。

【お薦め】
与謝野晶子の訳は、響林社文庫にてすべての巻を1冊にまとめた電子書籍版を発行しています。古典文学者の池田亀鑑の『源氏物語入門』から、「あらすじ」や「女性主人公点描」も併せて収録しています。

【復刻版】谷崎潤一郎訳「源氏物語(巻二) 花宴~澪標」(「新訳」版) (響林社文庫)

【復刻版の原本】
この電子書籍は、以下の書籍の版面を複写し、シミ、ヤケ、活字のかすれ等をできるかぎり修正し、読みやすくした復刻版です(版面固定型)。
 谷崎潤一郎「潤一郎訳源氏物語 巻二」(中央公論社 昭和34年11月5日発行)
※ 挿絵、巻ごとの題字等の谷崎以外の者によるものは収録しておりません。
※ 端末によって見え方が異なる場合があるほか、復刻版の版面イメージの確認のためにも、無料サンプルをダウンロードし、確認の上でご購入下さい。なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをお勧めします。

【解説】
谷崎潤一郎の源氏物語の訳は、いくつかありますが、これは「新訳」版です。この新訳版も何回も出版されていますが、本書は、中央公論社が昭和34年に出版した新書版の『谷崎潤一郎全集』と同じ装丁で出版された『潤一郎訳源氏物語』全8巻のうちの第2巻目です。
「花宴」~「澪標」までが収録されています。
 与謝野晶子と並ぶ訳として名高い谷崎潤一郎の訳をお楽しみ下さい。

【お薦め】
与謝野晶子の訳は、響林社文庫にてすべての巻を1冊にまとめた電子書籍版を発行しています。古典文学者の池田亀鑑の『源氏物語入門』から、「あらすじ」や「女性主人公点描」も併せて収録しています。

【復刻版】谷崎潤一郎訳「源氏物語(巻三)蓬生~初音」(「新訳」版) (響林社文庫 キョウリンシャブンコ)

【お詫び】
 最初に出版したものに、ページの落丁と、ページ内の乱れとがそれぞれ数か所あり、大変申し訳ございません。修正したものをアップロード致しましたので (2016年4月17日零時50分)、半日~1日程度で反映されるものと思います。版が「2」となっていれば、修正済みのものです。恐縮ですが、修正版をダウンロードしていただけますでしょうか。
 なお、挿絵や題字は著作権の関係で削除しているため、その分のページが飛んでいる部分が十数か所ありますが、ご諒承ください。
 このたびは、ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。現在、巻の一~五まで発行しておりますが、残りの巻の六~八につきましても、近日中に発刊予定です。
                   
【復刻版の原本】
この電子書籍は、以下の書籍の版面を複写し、シミ、ヤケ、活字のかすれ等をできるかぎり修正し、読みやすくした復刻版です(版面固定型)。
 谷崎潤一郎「潤一郎訳源氏物語 巻三」(中央公論社 昭和34年12月5日発行)
※ 挿絵、巻ごとの題字等の谷崎以外の者によるものは収録しておりません。
※ 端末によって見え方が異なる場合があるほか、復刻版の版面イメージの確認のためにも、無料サンプルをダウンロードし、確認の上でご購入下さい。なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをお勧めします。

【解説】
谷崎潤一郎の源氏物語の訳は、いくつかありますが、これは「新訳」版です。この新訳版も何回も出版されていますが、本書は、中央公論社が昭和34年に出版した新書版の『谷崎潤一郎全集』と同じ装丁で出版された『潤一郎訳源氏物語』全8巻のうちの第1巻目です。
「蓬生」~「初音」までが収録されています。
 与謝野晶子と並ぶ訳として名高い谷崎潤一郎の訳をお楽しみ下さい。

【お薦め】
与謝野晶子の訳は、響林社文庫にてすべての巻を1冊にまとめた電子書籍版を発行しています。古典文学者の池田亀鑑の『源氏物語入門』から、「あらすじ」や「女性主人公点描」も併せて収録しています。

ある初老の男が、嫉妬によって性的に興奮することを目的として、妻と若い知人の男を接近させる。その経緯を日記に書く。妻は、夫の企みを察するが、拒絶せずにそれに同調する。谷崎潤一郎の問題作。

著者
谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 – 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。
初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。(出典:Wikipedia)