おすすめの「紺野登」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「紺野登」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「紺野登」

利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか

会社の究極の目的とは何か?――この単純で深遠な問いを掘り下げる。 英『エコノミスト』誌は、2013年のビジネス・トレンド・ベスト10の一つに「利益から目的(“From Profit to Purpose”)の時代である」というメッセージを挙げた。 ビジネスの世界において、20世紀は「手段の時代」であった。手段(や手法)が多様化したことで、専門分化が進み、部分最適(縦割りやたこつぼ化)が助長され、その結果、「企業の目的」「事業の目的」、そして「働く目的」が見失われてしまった。しかし、これらの「目的」(purpose)を取り戻した企業、たとえばアップルやグーグル、ホールフーズ、ザッポスのほか、世界的に評価されている社会起業家たちは、製品やサービスのみならず、マネジメントにもイノベーションを起こすと同時に、新しい資本主義を生み出そうとしている。 ドラッカーは「企業の目的は利潤の最大化ではない」と喝破したが、リーマンショックを機に、コンシャス・キャピタリズム(理性ある資本主義)、エシコノミー(道徳と経済の合成語)、さらには「マネジメント2.0」など、ドラッカーと同じ考え方に基づくムーブメントが世界的に広がっている。 本書は、ドラッカーやポーターなどのグールーらがそろって「企業の目的は利潤の最大化ではない」ことを主張していること、新旧のイノベーターたちが「共通善なる目的」(マイケル・サンデルの「正義」と同義)に基づいて行動していることを紹介しながら、目的に基づくマネジメントとその実践手法である「目的工学」というフレームワークをわかりやすく提示する案内書である。一読すれば、「目的工学では、目的群を正しく調整することこそが重要であり、成功のカギ」というシンプルな事実が理解できる。 利益や売上げのことばかり考えているリーダー、自分の会社のことしか考えていないリーダーは、ブラック企業の経営者と変わらない。

ビジネスのためのデザイン思考

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

画期的デザイン思考モデルの提案。モノづくりに止まらず、イノベーションやビジネスモデルの設計につながる手法・手順・ツールを体系的に示した知識創造のための斬新なテキスト。
【主な内容】
 【PARTI 知のデザインの世紀】/ 第1章 知識デザインとデザイン思考/ 第2章 産業社会の知となったデザイン/ 第3章 イノベーションを生むデザイン・マインド/ 【PARTII デザイン経営の知的方法論】/ 第4章 コンセプトをデザインする(質的データのデザインの方法論)/ 第5章 ビジネスモデルをデザインする(関係性のデザインの方法論)/ 第6章 シナリオをデザインする(時間・空間のデザインの方法論)/ さいごに-「場」のデザイン
【主な内容】
【PARTI 知のデザインの世紀】
 第1章 知識デザインとデザイン思考
 第2章 産業社会の知となったデザイン
 第3章 イノベーションを生むデザイン・マインド
 【PARTII デザイン経営の知的方法論】
 第4章 コンセプトをデザインする(質的データのデザインの方法論)
 第5章 ビジネスモデルをデザインする(関係性のデザインの方法論)
 第6章 シナリオをデザインする(時間・空間のデザインの方法論)
 さいごに-「場」のデザイン

幸せな小国オランダの智慧 災害にも負けないイノベーション社会 (PHP新書)

スウェーデン、フィンランドを抑えて「子どもの幸福度」第1位に輝くオランダ。欧州屈指の低失業率を達成した彼らの知的弾力性の秘密。

知識経営のすすめ ――ナレッジマネジメントとその時代 (ちくま新書)

日本企業は二度の石油ショック、ニクソン・ショック、円高などを克服し、強い競争力を作り上げてきた。日本企業に比較優位をもたらしたのは組織的知識構造をコアとする労働スタイルにあった。それは個別的な直感=暗黙知を形式知化して組織全体のものにし、製品やサービス、業務システムに具体化していく組織の運動能力をさす。いくつもの優良企業のケーススタディをもとに知識創造と知識資産活用の能力を軸として、大転換を迫られている日本的経営の未来を探る。

知識創造の方法論―ナレッジワーカーの作法

知識経営理論の第一人者による「知の方法論」の書き下ろし。ナレッジワーカーとしての個人が知識創造の本質的理解を深めるための、知の作法を論じる。
【主な内容】
序 知の方法を身にまとう/1 新たな経営の知/2 ナレッジワーカーの時代/第1部 知の方法論の原点/1 哲学にみる知識創造の知/2 知識創造理論で見た知の型/3 知識創造プロセスと弁証法のダイナミズム/第2部 社会科学にみる知識創造の知/1 科学の知の方法論の意味合いとその変遷/2 社会学の知のアプローチ:構造・行為・意味・統合/3 潜在的メカニズムの発見へ/4 新たな経営の知に向けて:綜合の知/第3部 「コンセプト」の方法論/1 コンセプトとは何か/2 「観察」の方法論:アイデアの源泉としての経験/3 「概念化」の方法論:意味の発見と形成/4 「モデル化(理論化)」の方法論/5 「実践化」の方法論/6 日常的行為へ/第4部 経営と知の方法/1 企業の知の型(組織的知識創造)/2 ナレッジ・リーダーシップ