おすすめの「溝口徹」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「溝口徹」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「溝口徹」

子どもの「困った」は食事でよくなる (青春新書インテリジェンス)

キレる、落ち着きがない、忘れ物が多い、不登校…は食べ物が原因だった! 薬を使わず栄養を使って心の病の治療に当たってきた著者は、子どもの心のトラブルには「脳アレルギー」がかかわっているケースが多いという。本書では、発達障害やADHDと誤解されがちな脳アレルギーについて詳しく解説するとともに、子どもの脳が変わる食べ方を紹介する。

アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書インテリジェンス)

アレルギーには糖質(砂糖)がかかわっていた! 糖質の過剰摂取で血糖値が乱れると、その調整のために副腎からコルチゾールというホルモンが分泌される。それが続くとやがて副腎が疲労し、コルチゾールの分泌が減ってしまう。コルチゾールには、抗アレルギーの働きもあるため、それがアレルギーの悪化を招くのだ。副腎疲労という視点から、アレルギー改善の方法を説いた、最新栄養医学を解説する。

「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった

疲れがとれないのは休養が足りないのではなく、「栄養」が深くかかわっている! 現代人の食生活は、ご飯やパン、砂糖やお菓子といった「糖質」が中心となっている。しかし本来、糖質は非常時のエネルギー源であり、そのとりすぎがむしろ疲れを招いているのだ。本書では、栄養医学の第一人者が、脳と体をベストコンディションで働かせる食べ物、食べ方を解説する。

「脳の栄養不足」が老化を早める! (青春新書インテリジェンス)

物忘れが多い、集中力が続かない、体の疲れがなかなかとれない、新しいことに興味がもてない…そんな症状を感じたとしたら、それは老化のサインかもしれない。しかし老化は、加齢ではなく「脳の酸化」が原因で起こっているのだ! 栄養を使ってさまざまな症状を改善してきた著者が教える、脳のサビをとる食べ方。

がんになったら肉を食べなさい がんに勝つ栄養の科学 (PHPサイエンス・ワールド新書)

なぜ、抗がん剤には限界があるのか? きちんと栄養をとって生命を維持し、いきいきと生きることを勧める、新しいがんの教科書。