おすすめの「溝上憲文」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「溝上憲文」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「溝上憲文」

人事部はここを見ている!

「その件は○○君に」と名指しされる社員が出世する
なぜ「体育会系」学生は企業に引っ張りだこなのか?
あなたの出世、採用、給料、リストラはこう決まる!

サラリーマンの置かれた環境はこの10年の間に大きく変化し、
特にリーマンショック以降は様々な変化が起こっています。
本書はその変化について、採用、昇進・降格、給与、リストラ(雇用)

という4つの切り口から、今何が起きているのか、
また今後何が起きつつあるのかについて描いています。
出世、採用、給料、リストラの「基準」が明らかに。

【著者紹介】
溝上憲文(みぞうえ・のりふみ)
ジャーナリスト

1958年、鹿児島県生まれ。明治大学政治経済学部政治学科卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て、独立。新聞、雑誌などで経営、人事、賃金、年金問題を中心テーマとして活躍。
『非情の常時リストラ』(文春新書)で2013年度日本労働ペンクラブ賞受賞。
主な著書に『隣の成果主義』『超・学歴社会』『「いらない社員」はこう決まる』『「日本一の村」を超優良会社に変えた男』『日本人事』『マタニティハラスメント』『辞めたくても、辞められない』など。近著に『2016年は残業代がゼロになる』(光文社)がある。

【本書の内容】
第1章◆昇進・昇格の基準
第2章◆給料・評価の尺度
第3章◆採用・入社の条件
第4章◆雇用・退職の境目
第5章◆リストラ・解雇の手法

人事評価の裏ルール

人事部長の100人が激白!!
真っ先にクビにしたい社員の共通点

リストラの対象となるのはどういう人なのか、その基準となる
表の人事評価ではわからない「人事評価の裏ルール」の存在とは?

人が人を評価するということは本当に難しい。
会社によっては、コミュニケーション力、協調性、
チャレンジ精神、リーダーシップといった
評価基準を設けるところが多いが、
極めて抽象的な基準にすぎない。
じつはこの基準こそが、「人事評価の裏ルール」と密接に結びついている。

その際の評価基準としてよくいわれるのが
「一緒に仕事をしたいと思うか」である。
つまり、一緒に仕事をしたいとは思わない人は
評価されないという裏ルールが存在しているのだ。

【著者紹介】
溝上憲文(みぞうえのりふみ)
1958年鹿児島県生まれ。ジャーナリスト。明治大学政治経済学部政治学科卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て、独立。新聞、雑誌などで経営、人事、雇用、賃金、年金問題を中心テーマとして活躍。『非情の常時リストラ』(文春新書)で2013年度日本労働ペンクラブ賞受賞。
主な著書に『隣りの成果主義』『超・学歴社会』『「いらない社員」はこう決まる』『「日本一の村」を超優良会社に変えた男』『マタニティハラスメント』『辞めたくても、辞められない!』『2016年残業代がゼロになる』など。近著に『人事部はここを見ている!』(小社刊)がある。

【目次より】
第1章◆人事部長100人が、真っ先にリストラしたい社員
第2章◆世代別リストラの基準
第3章◆性格で切られる社員の基準
第4章◆管理職のリストラの基準
第5章◆営業、企画、開発職…切られる社員の基準
第6章◆今日からでもできる 会社から見捨てられない働き方の心得7カ条
第7章◆リストラを回避する究極の手法

本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準 PRESIDENT eセレクト新書

ビジネスマンにとって不可解なのが「昇進・昇格」の基準。なぜ、あの人が出世していくのか、人事部はどのような考え方でそれを決めているのか? 「部下の『指導・育成』ができない管理職は出世できない」、「茶坊主は課長止まり、部長に出世してくタイプとは」、「役員まで上り詰める人材に共通する『かわいげのある人』、「女性の管理職登用で割りを食う男性社員の嘆き」……などなど、「昇進・昇格」の裏側が分かる28話を収録(読了時間約30分)。

本書はプレジデント社刊『人事部はここを見ている』(2015年7月4日発行)掲載の57ページ分を、加筆・修正の上、電子化したものです。

本当は怖い会社のルール 「給料・評価」の尺度 PRESIDENT eセレクト新書

人事評価制度の改革により、アップダウンが激しいビジネスマンの「給料」。人事部は何を考えて、その尺度をつくっているのか? 「賃金制度の変更に隠された会社の思惑」、「成果主義制度の導入で浮かぶ人、沈む人」、「『職務・役割給』で400万以上の格差は当たり前」、「『業績連動型賞与』のメリット、デメリット」……などなど、「給与・評価」の裏側が分かる30話を収録(読了時間約35分)。

本書はプレジデント社刊『人事部はここを見ている』(2015年7月4日発行)掲載の61ページ分を、加筆・修正の上、電子化したものです。

非情の常時リストラ

人事のプロが教えるリストラ新基準。非管理職40代社員が狙われる! 同期入社でも500万円の年収差!

「慎重に検討しましたが、社内にあなたの経験と能力を十分に活用できる場がなくなっています」。これが、リストラ担当マニュアルに書かれている最後の決めゼリフ。では、どのような人がリストラ候補に挙がるのか? 評価の基準は? 給与との関係は? ここ数年間で極めてドライになった会社と社員の関係。社員を厳しく選別する新しい基準が次々に導入されている。会社はあなたをどうしようとしているのか? 人事のプロが教えます。