おすすめの「淡島寒月」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「淡島寒月」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「淡島寒月」

文士達が見た「東京の昔」第2集 響林社文庫

シリーズ第2集。収録作品は、城(和辻哲郎)/浅草を食べる(古川緑波)/ああ東京は食い倒れ(同)/夜の隅田川(幸田露伴)/水の東京(同)/水 附渡船(永井荷風)/郊外生活の一年 大久保にて(岡本綺堂)/目黒の寺(同)/三崎町の原(同)/正月の思い出(同)/年賀郵便(同)/明治時代の湯屋(同)/東京の近郊(大町桂月)/江戸か東京か(淡島寒月)/亡び行く江戸趣味(淡島寒月)/梵雲庵漫録(同)/東京の風俗(木村荘八)。

失われた江戸を求めて

(この本について)

関東大震災により、それまで東京に残っていた江戸情緒は大半が失われました。江戸情緒について書かれた随筆や評論などを青空文庫より集めてみました。どっぷりと江戸情緒に浸ってください。

青空文庫より以下の十八編を収録しました。

江戸か東京か 淡島寒月
江戸の玩具 淡島寒月
夜の隅田川 幸田露伴
本所両国 芥川龍之介
東京に生れて 芥川龍之介
芝、麻布 小山内薫
丸の内 高浜虚子
残されたる江戸 柴田流星
江戸芸術論 永井荷風
江戸の化物 岡本綺堂
東京に生れて 長谷川時雨
大丸呉服店(旧聞日本橋より) 長谷川時雨
浅草の喰べもの 久保田万太郎
雷門以北 久保田万太郎
浅草の大火のはなし(幕末維新懐古談より) 高村光雲
浅草を食べる 古川緑波
四谷、赤坂 宮島資夫
東京の風俗 木村荘八

(古典教養文庫について)

古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。

2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、Kindleはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。また索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
 青空文庫をベースとしている場合も、適切に処理してありますので、そのまま青空文庫の物をダウンロードして読むよりも格段に読みやすくなっています。

3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。

4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

5、手に入れやすい価格
 「価値ある古典こそ低価格で」のモットーから、古典教養文庫は、一番高い物で300円で、そのほとんどが100円となっています。

寺内の奇人団

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

我が宗教観

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

明治十年前後

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。