おすすめの「島田清次郎」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「島田清次郎」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「島田清次郎」

地上 地に潜むもの

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

二人の男

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

若芽

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

栄光なき天才たち4上 川島雄三 島田清次郎――~さよならだけが人生だ 早すぎた喜劇作家

日本映画界の“幻の巨匠”川島雄三。

 松竹で二本立て興行の添えもの作品ばかりを任され「器用貧乏作家」のレッテルを貼られていた彼は、日活に移ると『愛のお荷物』『洲崎パラダイス・赤信号』『幕末太陽伝』といった作品を次々と世に送り出し、安易なヒューマニズムが蔓延する戦後の日本映画界に一石を投じた。
 しかし、川島の描く乾いたユーモアや哀愁は一部の人々を除いて評価されず、自身の肉体的コンプレックスも絡んで、より一層、物事を斜に構えた作品を連発するようになり……。

 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうか――森田信吾による異色の偉人伝!

栄光なき天才たち4下 川島雄三 島田清次郎――地に墜ちた時代の寵児 ねじ曲げられた日本近代文学史

時代の寵児は、なぜ日本近代文学史から抹殺されたのか?

 20歳の時に書いた『地上』によってベストセラー作家の仲間入りを果たした島田清次郎だったが、度を超えた大言壮語や奔放な女遊び、そして若くして成功を収めたことへの嫉妬から文壇に忌み嫌われ、次第に孤立していく。
 自分を理解しない周囲への反発もあり、ますますエスカレートしていく傲慢な振る舞いが、作家人生を左右する大事件を引き起こしてしまい……。

 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうか――森田信吾による異色の偉人伝!