おすすめの「島本和彦 雁屋哲」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「島本和彦 雁屋哲」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「島本和彦 雁屋哲」

風の戦士ダン(1) (少年サンデーコミックス)

現代に生きる忍者組織・恐車一族と神魔一族。彼らはスーパー忍者、すなわち、超忍とよばれた。だが、このふたつの一族は、互いの絶滅を図り、凄絶な戦いを続けていた。なぜ……!? 雁屋哲と島本和彦の異色のタッグが放つ痛快作品!1982年、少年サンデー増刊号連載作品。

風の戦士ダン(4) (少年サンデーコミックス)

恐るべき威力を秘めた、終末兵器の実験が、今まさに行われようとしていた。しかも、熱気あふれる超満員の野球場を舞台に……刻こくとせまる魔の一瞬を前に厳戒態勢をとる巡回処刑人に勝算は!? そしてダンは!?

風の戦士ダン(2) (少年サンデーコミックス)

神魔四天王は、おれが斬る!! 宿敵を倒し、人類を恐るべき終末兵器から救うため、敢然と立ちあがった、恐車巡回処刑人グループ。だが、非情な掟の中に生きる彼らも人を愛する心をもっていた。そして……ダンもまた!?

風の戦士ダン(3) (少年サンデーコミックス)

神魔一族の放った必殺の処刑人・神原重一。その凶弾の前に、恐車一族最強の巡回処刑人たちが次々と倒れていく。だが、地獄から蘇った殺し屋・神原にも暗く、哀しい過去が秘められていた!

風の戦士ダン(6) (少年サンデーコミックス)

一人の科学者が悲惨な最期を…人を滅ぼすためでなく人類に役立ちたい、と願いつつ…今またここに、おそるべき人食いカビの前に、尊い命が!! 終末兵器をめぐる超忍戦争、まさに最高潮。走れダン、風のごとく!!