おすすめの「宮沢賢治 農学校」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 農学校」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 農学校」

イーハトーボ農学校の春

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。生前未発表。「太陽マジックのうた」が青空いっぱいひっきりなしにごうごう鳴っている春、“私たち”は、黄色の実習服を着て、煉瓦の肥溜めのところから下肥を汲んで、歩いて二十分はかからない実習地の麦畑まで運搬する。農学校の仕事をユーモアあふれる作風にしたもの。

フランドン農学校の豚

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。生前未発表。家畜撲殺同意調印法に基づきフランドン農学校の校長が、死亡承諾書への爪判を求めて豚のところへやって来る。豚は拒否するが、心労ですっかり食欲がおちてやせ細ってしまう。困った校長は、威圧的な態度を取り、とうとう豚に爪判を押させる。強制的に太らされた七日目、体を洗浄され処分された。生き物であることの深い淵を覗いたような作品。

花巻農学校精神歌

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の歌詞。1922(大正11)年3月、稗貫農学校(大正12年より花巻農学校)のために作られたもの。学校内では「精神歌」と呼ばれていた。作曲は、川村悟郎。八分の六拍子。

ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ (集英社文庫)

「注文の多い料理店」や「風の又三郎」など、誰もが知っている名作童話から生まれる、誰も見たことのない新しい“ミヤザワケンジ”の文学。世界の終わりとはじまり、夢と現実、生と死。すべてが曖昧になった場所で織り成される24編が、あなたの感性にかつてないほどの衝撃を与える。異能の作家・高橋源一郎の手によって開かれる、賢治にも描けなかった賢治ワールド。最強トリビュートの決定版!

注文の多い料理店 (集英社文庫)

ざわざわ鳴るススキの中に、「西洋料理店・山猫軒」がありました。都会から猟に来た二人の紳士が、入ってみると…表題作「注文の多い料理店」ほか13編収録。これを読んだあなたは、世界を構成している基準が揺らぎ、自分と他者の間がきしんだ時の痛み、恐れを感じながら、魅力的な賢治ワールドを発見するでしょう。「どなたもどうか、お入りください」