おすすめの「宮沢賢治 詩集」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 詩集」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 詩集」

新編 宮沢賢治詩集 (角川文庫)

花巻の自然をこよなく愛し、篤い信仰心を持ちながら農業に従事する一方、文学や音楽に情熱を傾けた賢治。生前公刊された詩集「春と修羅」や、ノート、手帳に書きつけられた膨大な量の詩から、最も魅力ある作品を厳選し収録した。今なお読み継がれ、多くの人々を魅了し続ける詩人・宮沢賢治の心のデッサン。

宮沢賢治全詩集 日本の詩人

 童話作家として名高い宮沢賢治ですが、何よりも詩人として飛び抜けた才能を持ち、膨大な数の優れた詩業を遺しました。しかし、その詩人としての業績がまだ充分に理解されているとは言えないと思います。この宮沢賢治全詩集には以下の詩集を収めました。

「心象スケッチ 春と修羅」
「春と修羅 第二集」
「春と修羅 第三集」
「春と修羅 補遺」
「詩ノート」
「疾中」
「雨ニモマケズ手帳」
「文語詩稿 五十篇」
「文語詩稿 一百篇」
「文語詩未定稿」

高村光太郎は、宮沢賢治について以下のように書いています。

……もう一人の大詩人宮澤賢治は稗貫郡花巻町に明治二十九年に生れ、この人もたった三十八歳で死にましたが、その為しとげた仕事の立派さは驚くばかりです。此の詩人の詩や童話は実にたくさんあり、どれをよんでみても心が清められ、高められ、美しくされないものはありません。非常に宗教心にあつく、法華経《ほけきょう》を信仰して、まるで菩薩《ぼさつ》さまのような生活をおくっていました。仏さまといってもいい程です。自分をすてて人の為に尽し、殊に貧しい農夫の為になる事を一所懸命に実際にやりました。詩人であるばかりでなく農業化学や地質学等の科学者でもあり、酸性土壌改良の炭酸カルシュームを掘り出したり、世の中にひろめたりしました。皆さんの知っている「雨ニモマケズ」の詩は病気でねている時に書いたのですが、今日でも多くの人に救と力とを与えています。「風の又三郎」を映画で見た事がありますか。あの童話も宮澤賢治の作ったものです。此詩人は全く世界的な大詩人といっていいでしょう。(高村光太郎 「啄木と賢治」より)

賢治の詩が、広く愛唱されることを願ってやみません。

『春と修羅』

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の詩集。1924(大正13)年、関根書店から刊行。生前刊行された唯一の詩集。口語自由詩。岩手の風景を詩にしたものや、妹トシの臨終「永訣の朝」などを収め、「冬と銀河ステーション」の銀河軽急便が氷をくぐって進んでいくところで終わっている。詩人草野心平に日本詩壇の天才と言わしめた詩集。

春と修羅

原本出版年:1924 原本出版者:関根書店
「文化庁eBooksプロジェクト」の配信対象に選ばれた13タイトルのうちの一つ。
宮沢賢治の生前に唯一出版された詩集である。本タイトル作品を含む約70編からなる。

収録:

春と修羅
眞空溶媒
小岩井農場
グランド電柱
東岩手火山
無聲慟哭
オホーツク挽歌
風景とオルゴール、他

本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適化し制作したものです。
Kindle本を制作するにあたり、原本からの修正を最小限の処理にとどめております。そのため、古書特有のきず、汚れなどもそのままページに残っている場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い致します。
Kindle本の内容は、無料サンプルをダウンロードしてご確認いただけます。

永遠の詩06 宮沢賢治

今だから読みたい、理想に生きた詩人。

岩手の生んだ偉大な詩人にして童話作家の宮沢賢治は、人間の魂の真実の深み、自然の巧まざる真実の美を、鮮烈で絢爛たる言葉の魔術を駆使して詩に描いた。その言葉の数々は、宇宙に煌めく星のように、私たちのこころを射ぬく。すべての詩に、背景や言葉の意味がよくわかる鑑賞解説付き。

永遠の詩シリーズは、今日的に意義のある詩人をとりあげ、代表作を厳選しました。わかりやすい解説で、詩があなたにもっと近くなります。