おすすめの「宮沢賢治 芸術」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 芸術」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 芸術」

農民芸術概論綱要

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の概論綱要。唯一の芸術論、評論文。「農民芸術概論」に問題提起された十章の内容を書いたもの。大正デモクラシー思想が台頭する中、東北で高らかに声を上げることは農学者賢治にとって大きな意義があった。ゆえに社会に宣言するように、力強い文語体を使われており、短い断章は、紙に文字が刻まれているようだ。

農民芸術の興隆

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の概論。「農民芸術概論」の「農民芸術興隆」の詳細メモ。岩手国民高等学校の「農民(地人)芸術概論」で講義されたメモに一致している。ダニエル・デフォ、オスカー・ワイルド・トルストイなどの名前が見える。賢治の海外の作家に対しての思いもわかる概論。

農民芸術概論

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の概論。岩手国民高等学校の講座科目「農民芸術」の教案として準備されたもの。花巻農学校を1926(大正15)年3月に退職した後、独立し農民塾「羅須地人協会」設立をめざしたテキスト用にと作成された。短文の中に賢治の農民芸術への情熱がうかがえる。

霊性の文学 言霊の力 (角川ソフィア文庫)

たった一人の本当の神を探し求めた宮沢賢治、信仰と宗教の違いを問いかけた三輪明宏、自由の魅惑と苦悩を冷徹に突き詰めたドストエフスキー。霊性を見つめた人々の言葉を辿り、底に流れる言霊の力を発見する。

霊性の文学 霊的人間 (角川ソフィア文庫)

魂の故郷を探し続けたヘッセ、独特の時空感覚をもつ宮沢賢治、孤独に命を吹き込んだ遠藤周作。豊かな記憶と感情をたたえる「聖地」をこころの中にもつ「霊的人間」たちの言葉に、現代を生きぬく知恵を探る。