おすすめの「宮沢賢治 歌」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 歌」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 歌」

星めぐりの歌

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の歌詞。初出は「宮沢賢治全集抜粋・鏡をつるし」[編集発行・宮沢清六、1933(昭和8)年]。「双子の星」チョンセ童子とポワセ童子が銀笛で吹く「星めぐりの歌」の歌詞。「銀河鉄道の夜」にもでてくる。重要な場面での進行に効果を発揮している。

花巻農学校精神歌

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の歌詞。1922(大正11)年3月、稗貫農学校(大正12年より花巻農学校)のために作られたもの。学校内では「精神歌」と呼ばれていた。作曲は、川村悟郎。八分の六拍子。

敗れし少年の歌へる

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

イーハトーヴ・ソングブック

 でたらめな歌、口から出まかせの歌、歌とも叫びともまた語りともつかない《うた》のようなものに賢治童話は溢れています。この人の手にかかると、イーハトーヴの草花や動物、石や風や空や山や、あらゆるものが毎日歌って暮らしているように思えてきます。そしてそれはその通りなのでしょう。
 イーハトーヴの歌舞音曲は、娯楽でも芸術でもありません。ものみなの等身大(ありのまま)の暮らしの所作そのもの、それぞれの懸命な息吹として、楽しくおかしく哀しく繰り広げられます。こんなに率直な歌は、他ではちょっと聴けないだろうと思います。
 
 そんな楽しい歌、面白い歌を一冊に集めてみました。泉井小太郎(HP ihatovon主宰)編集の「イーハトーヴ・ソングブック」です。

歌の光彩のほとりで わが秀歌鑑賞 (角川短歌ライブラリー)

「短歌」の好評連載が待望の単行本化。新原稿を加え古今東西の秀歌を一挙掲載した短歌鑑賞の決定版。目から鱗の一首から膝を叩く一首までユーモラスに読み解く。