おすすめの「宮沢賢治 月」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 月」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 月」

水仙月の四日

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の短編童話。初出は「イーハトヴ童話 注文の多い料理店」[盛岡市杜陵出版部・東京光原社、1924(大正13)年]。「注文の多い料理店」の広告文(新刊案内)に「赤い毛布を被ぎ、「カリメラ」の銅鍋や青い焔を考えながら雪の高原を歩いていたこどもと、「雪婆ンゴ」や雪狼、雪童子とのものがたり。」と賢治は書いている。雪童子に子供は見えても、子供には雪童子が見えない。一抹の哀しみが漂う名作。

月天讃歌(擬古調)

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

〔ゆがみつゝ月は出で〕

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

〔廿日月かざす刃は音無しの〕

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

『萩原朔太郎全集・164作品⇒1冊』【『青猫』『月に吠える』収録】

「月に吠える」「青猫」「純情小曲集」などの代表作を含め、日本近代詩の父と呼ばれた萩原朔太郎の「164作品」を網羅した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

『萩原朔太郎全集・164作品⇒1冊』 収録作品一覧・アイウエオ順

愛の詩集
愛の詩集 愛の詩集の終りに
青いゆき
青猫

秋と漫歩
秋の日
雨の降る日
ありや二曲
石段上りの街
『田舎の時計 他十二篇』
岩清水
岩魚
ウォーソン夫人の黒猫
浮名
うすやみ

永日和讚
易者の哲理(新字旧仮名)
易者の哲理(旧字旧仮名)
遠望
幼き妹に
街道
合唱
家庭の痛恨
神に捧ぐる歌
からたちの垣根
歡魚夜曲
玩具箱
感謝
感傷の塔
感傷品
蒲原有明に帰れ
記憶
ぎたる彈くひと
喫茶店にて
祈祷
祈祷
君が家
郷愁の詩人 与謝蕪村
近日所感
くさばな
供養
クリスマス
月蝕皆既
決鬪
郊外
交歡記誌
孝子實傳
鑛夫の歌
古盃
小春
酒場にあつまる
山頂
三人目の患者
散文詩・詩的散文
疾患光路
詩の原理
詩の翻訳について
秋日行語
秋日行語
宿醉
宿命
受難日
純銀の賽
春日
春日詠嘆調
純情小曲集
春晝
巡禮紀行
小曲集
小曲集
常識家の非常識
小説家の俳句
情慾
初夏の祈祷
敍情小曲
抒情小曲集
眞如
煤掃
絶句四章
絶望の足
早春
装幀の意義
蒼天


竹の根の先を掘るひと
たびよりかへれる巡禮のうた
短歌
斷調
父の墓に詣でて
眺望する
蝶を夢む
詩集〈月に吠える〉全篇
月の詩情

定本青猫

鐵橋橋下
童話と教育について
都會と田舍
利根川の岸邊より

夏帽子
なにか知らねど
名前の話
南京陷落の日に
ニイチェに就いての雑感
二十三夜
日清戦争異聞(原田重吉の夢)
猫町
俳句
初めてドストイェフスキイを讀んだ頃

花あやめ
春の來る頃
晩秋哀語
光る風景
祕佛
病床生活からの一発見
氷島
廣瀬河畔を逍遙しつつ
便なき幼兒のうたへる歌
諷詩
吹雪
ふぶき
冬の情緒
冬を待つひと
ふるさと
蛇苺
偏狂
放蕩の蟲
僕の孤独癖について(新字新仮名)
僕の孤独癖について(新字旧仮名)
暮春詠嘆調

螢狩
磨かれたる金屬の手
南の海へ行きます
昔の小出新道にて


紫色の感情にて

ものごころ
もみぢ
夜景
ゆく春

よき祖母上に
ラヂオ漫談
立秋
立秋
流行歌曲について
旅上
靈智
黎明と樹木
老年と人生
ローマ字論者への質疑
若き尼たちの歩む路
別れ
和讚類纂
我れ何所へ行かん

【第二版・2作品追加(2016/09/07)】
【萩原朔太郎全集・出版委員会】