おすすめの「宮沢賢治 春」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 春」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 春」

『春と修羅』

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の詩集。1924(大正13)年、関根書店から刊行。生前刊行された唯一の詩集。口語自由詩。岩手の風景を詩にしたものや、妹トシの臨終「永訣の朝」などを収め、「冬と銀河ステーション」の銀河軽急便が氷をくぐって進んでいくところで終わっている。詩人草野心平に日本詩壇の天才と言わしめた詩集。

春と修羅

原本出版年:1924 原本出版者:関根書店
「文化庁eBooksプロジェクト」の配信対象に選ばれた13タイトルのうちの一つ。
宮沢賢治の生前に唯一出版された詩集である。本タイトル作品を含む約70編からなる。

収録:

春と修羅
眞空溶媒
小岩井農場
グランド電柱
東岩手火山
無聲慟哭
オホーツク挽歌
風景とオルゴール、他

本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適化し制作したものです。
Kindle本を制作するにあたり、原本からの修正を最小限の処理にとどめております。そのため、古書特有のきず、汚れなどもそのままページに残っている場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い致します。
Kindle本の内容は、無料サンプルをダウンロードしてご確認いただけます。

イーハトーボ農学校の春

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。生前未発表。「太陽マジックのうた」が青空いっぱいひっきりなしにごうごう鳴っている春、“私たち”は、黄色の実習服を着て、煉瓦の肥溜めのところから下肥を汲んで、歩いて二十分はかからない実習地の麦畑まで運搬する。農学校の仕事をユーモアあふれる作風にしたもの。

春と修羅 第二集 『春と修羅』

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の詩集。詩の初期形は、1924(大正13)年から翌年ごろ。序文の執筆は、1928(昭和3)年ごろ。「第二集」と名づけられたのは、1931(昭和6)~翌年ごろ。未刊行に終わった詩集。文語詩、口語詩とさまざまな形態で、テーマは、宗教、科学、宇宙観、自然、地理、西域、女性と多岐に渡っている。農学校の教師を辞めて農業に専念することを決心した頃の作品。

春と修羅 第三集 『春と修羅』

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。