おすすめの「宮沢賢治 星」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 星」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 星」

よだかの星

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の短編童話。飛び方や鳴き声が鷹に似ているだけで「よだか」と名づけられたため、鷹に改名を強いられる。鷹の無理難題と食物連鎖の悲しさが、絶望へと変わっていく。よだかは太陽や星に連れて行ってくれるように頼むが聞き入れてもらえない。すっかり力を落としたよだかは、自分の力で空へ一直線に舞い上がっていき「よだかの星」となる。賢治は、絶望した者に、青い美しい命を与える。

双子の星

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。生前未発表。天の川の西側にあるチュンセ童子とポウセ童子という双子の星の役目は、星めぐりの歌に合わせて銀笛を吹くこと。その彼らの身に起こった二つの事件。賢治の作品は、「分かれる」という形が多いが、この話はどこまでも一緒に行くことになっている点に注目。

よだかの星

みにくい鳥だと、みんなからいじめられるよだか。タカからは「名前を盗った」とどろぼう扱いまでされ、返さないと殺すと脅される始末。居場所がなくなったよだかは、あちこちをさまよい、ついには……。
現在のいじめ問題にも語りかける宮沢賢治の切ない名作を、原文のままに読みやすく改編しました。

星めぐりの歌

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の歌詞。初出は「宮沢賢治全集抜粋・鏡をつるし」[編集発行・宮沢清六、1933(昭和8)年]。「双子の星」チョンセ童子とポワセ童子が銀笛で吹く「星めぐりの歌」の歌詞。「銀河鉄道の夜」にもでてくる。重要な場面での進行に効果を発揮している。

永遠の詩06 宮沢賢治

今だから読みたい、理想に生きた詩人。

岩手の生んだ偉大な詩人にして童話作家の宮沢賢治は、人間の魂の真実の深み、自然の巧まざる真実の美を、鮮烈で絢爛たる言葉の魔術を駆使して詩に描いた。その言葉の数々は、宇宙に煌めく星のように、私たちのこころを射ぬく。すべての詩に、背景や言葉の意味がよくわかる鑑賞解説付き。

永遠の詩シリーズは、今日的に意義のある詩人をとりあげ、代表作を厳選しました。わかりやすい解説で、詩があなたにもっと近くなります。