おすすめの「宮沢賢治 新美南吉」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 新美南吉」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 新美南吉」

『宮沢賢治全集・283作品⇒1冊』【直筆水彩画・関連作品つき】

「雨ニモマケズ」「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」を始めとする代表的な作品のほか、童話や詩集、水彩画など、「283作品」を一挙に収録した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

『宮沢賢治全集・283作品⇒1冊』 収録作品一覧・アイウエオ順

〔青びかる天弧のはてに〕
青柳教諭を送る
秋田街道
〔あくたうかべる朝の水〕
あけがた
朝に就ての童話的構図
〔雨ニモマケズ〕
ありときのこ
或る農学生の日誌
イギリス海岸
イギリス海岸(旧仮名)
〔いざ渡せかし おいぼれめ〕
泉ある家
いちょうの実
いてふの実(旧仮名)
イーハトーボ農学校の春
インドラの網
〔馬行き人行き自転車行きて〕
うろこ雲
駅長
狼森と笊森、盗森
狼森と笊森、盗森(旧仮名)

おきなぐさ
オツベルと象

会計課
開墾
開墾地
貝の火
カイロ団長
蛙のゴム靴
蛙のゴム靴(旧仮名)
学者アラムハラドの見た着物
〔かくまでに〕
かしわばやしの夜
かしはばやしの夜(旧仮名)
風の又三郎(岩波文庫版)
風野又三郎(新潮文庫版)
烏百態
花壇工作
家長制度
月天讃歌(擬古調)
ガドルフの百合
釜石よりの帰り
烏の北斗七星
烏の北斗七星(旧仮名)
雁の童子
革トランク
看痾
〔甘藍の球は弾けて〕
黄いろのトマト
機会
饑餓陣営
疑獄元兇
気のいい火山弾
気のいい火山弾(旧仮名)
饗宴
銀河鉄道の夜(角川文庫版)
銀河鐵道の夜(岩波文庫版)
銀河鉄道の夜(新潮文庫版)
グスコーブドリの伝記
クねずみ
蜘蛛となめくじと狸
〔くもにつらなるでこぼこがらす〕
〔雲ふかく 山裳を曳けば〕
〔雲を濾し〕

黒ぶだう
〔郡属伊原忠右エ門〕
訓導
〔月光の鉛のなかに〕
虔十公園林
虔十公園林(旧仮名)
幻想
県道

耕耘部の時計
耕耘部の時計(旧仮名)
講後
〔洪積の台のはてなる〕
校庭
氷と後光
国柱会
〔こはドロミット洞窟の〕
こゝろ
〔こゝろの影を恐るなと〕
〔このみちの醸すがごとく〕
〔こんにやくの〕
さいかち淵
さいかち淵(旧仮名)
祭日〔二〕
サガレンと八月
〔鷺はひかりのそらに餓ゑ〕
ざしき童子のはなし
さるのこしかけ
山地の稜
シグナルとシグナレス
紫紺染について
鹿踊りのはじまり
鹿踊りのはじまり(旧仮名)
四八 黄泉路
疾中
詩ノート
〔島わにあらき潮騒を〕
〔霜枯れのトマトの気根〕
〔霧降る萱の細みちに〕
十月の末
十月の末(旧仮名)
十六日
樹園
〔棕梠の葉やゝに痙攣し〕
春章作中判
小祠
職員室
植物医師
水仙月の四日
水仙月の四日(旧仮名)
水部の線
スタンレー探検隊に対する二人のコンゴー土人の演説
隅田川
製炭小屋
〔聖なる窓〕
税務署長の冒険
雪峡
〔せなうち痛み息熱く〕
セレナーデ 恋歌
セロ弾きのゴーシュ
僧園
宗谷〔一〕
宗谷〔二〕
〔蒼冷と純黒〕
〔そのかたち収得に似て〕
台川
台川(旧仮名)
対酌
大礼服の例外的効果
宅地
〔たゞかたくなのみをわぶる〕

谷(旧仮名)
種山ヶ原
種山ヶ原(旧仮名)
タネリはたしかにいちにち噛んでいたようだった
丹藤川〔「家長制度」先駆形〕
中尊寺〔二〕
『注文の多い料理店』序(新潮文庫版)
注文の多い料理店(新潮文庫版)
『注文の多い料理店』広告文(ちくま文庫版)
『注文の多い料理店』序(ちくま文庫版)
注文の多い料理店(ちくま文庫版)
『注文の多い料理店』新刊案内(角川文庫版)
チュウリップの幻術
ツェねずみ
月夜のけだもの
月夜のでんしんばしら
月夜のでんしんばしら(旧仮名)
月夜のでんしんばしらの軍歌
土神ときつね
土神と狐(旧仮名)
〔土をも掘らん汗もせん〕
〔つめたき朝の真鍮に〕
停車場の向ふに河原があって
手紙 一
手紙 二
手紙 三
手紙 四
田園迷信
電車
毒蛾
毒もみのすきな署長さん
床屋
圖書館幻想
とっこべとら子
鳥箱先生とフウねずみ
鳥をとるやなぎ
どんぐりと山猫
どんぐりと山猫(旧仮名)
〔ながれたり〕
〔なべてはしけく よそほひて〕
〔鉛のいろの冬海の〕
なめとこ山の熊
楢ノ木大学士の野宿
楢ノ木大学士の野宿(旧仮名)
虹の絵具皿
二十六夜
二十六夜(旧仮名)
沼森

猫の事務所
農学校歌
農民芸術概論
農民芸術概論綱要
農民芸術の興隆
バキチの仕事
雹雲砲手
化物丁場
凾館港春夜光景
畑のへり
八戸
〔廿日月かざす刃は音無しの〕
花巻農学校精神歌
花椰菜
林の底
隼人
茨海小学校
『春と修羅』
春と修羅 第二集
春と修羅 第三集
『春と修羅』補遺
ひかりの素足
秘境
〔卑屈の友らをいきどほろしく〕
ビジテリアン大祭
〔ひとひははかなくことばをくだし〕
ひのきとひなげし
火の島
氷河鼠の毛皮
病中幻想
火渡り
不軽菩薩
〔二川こゝにて会したり〕
双子の星
二人の役人
二人の役人(旧仮名)
葡萄水
フランドン農学校の豚
文語詩稿 一百篇
文語詩稿 五十篇
ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記
ペンネンノルデはいまはいないよ 太陽にできた黒い棘をとりに行ったよ
北守将軍と三人兄弟の医者
星めぐりの歌
ポラーノの広場
洞熊学校を卒業した三人
ポランの広場
マグノリアの木
〔ま青きそらの風をふるはし〕
祭の晩
まなづるとダァリヤ
〔まひるつとめにまぎらひて〕
マリヴロンと少女
みじかい木ぺん
未発表詩(新仮名)
めくらぶどうと虹(にじ)
〔モザイク成り〕
〔最も親しき友らにさへこれを秘して〕
〔館は台地のはななれば〕
柳沢
敗れし少年の歌へる
山男の四月
山男の四月(旧仮名)
やまなし
やまなし(旧仮名)
遊園地工作
〔夕陽は青めりかの山裾に〕
〔ゆがみつゝ月は出で〕
〔雪とひのきの坂上に〕
雪渡り
雪渡り(旧仮名)
〔弓のごとく〕
百合を掘る
楊林
よく利く薬とえらい薬
よだかの星
四又(よまた)の百合(ゆり)
ラジュウムの雁
龍と詩人
〔りんごのみきのはひのひかり〕
〔昤々としてひかれるは〕
若い木霊
〔われかのひとをこととふに〕
〔われ聴衆に会釈して〕
〔われはダルケを名乗れるものと〕
〔われらが書に順ひて〕
〔われらひとしく丘に立ち〕

【水彩画作品】
『赤玉』(仮題)
『月夜のでんしんばしら』
『手の幽霊』(仮題)または『ケミカル・ガーデン』(仮題)
『日輪と山』
『ネコ』(仮題)
『ミミズク』(仮題)

【関連作品】
「啄木と賢治」 高村光太郎

【第二版・重複した未発表詩を新仮名遣いに修正】
【第三版・水彩画と関連作品を追加(2015/08/27)】
【宮沢賢治全集・出版委員会】

『新美南吉全集・116作品⇒1冊』

「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」などの代表作を始めとする、宮沢賢治と並び称される童話界の巨星、新美南吉の「116作品」を網羅した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

『新美南吉全集・116作品⇒1冊』 収録作品一覧・アイウエオ順

赤い蝋燭
赤とんぼ
あし
明日
飴だま
一年生たちとひよめ
一れつ
井戸
いぼ(新字新仮名)
疣(新字旧仮名)
ウグヒスブエヲ フケバ
ウサギ
牛をつないだ椿の木

うた時計
乳母車
ウマヤノ ソバノ ナタネ
うまれて 來る 雀達
海から歸る日
売られていった靴
王さまと靴屋
巨男の話
お母さん達
丘の銅像
おじいさんのランプ
あとがき
お月さまを
落とした一銭銅貨
カゴカキ
鍛冶屋の子
カタツムリノ ウタ
がちょうの たんじょうび(新字新仮名)
ガチヨウノ タンジヨウビ(旧字旧仮名)
カナヅチ
蟹のしょうばい
かぶと虫(新字新仮名)
かぶと虫(新字旧仮名)

カンザシ
カンテラ

狐のつかい
木の祭り
久助君の話
去年の木

ゲタニ バケル
仔牛(詩)
仔牛(童話)
苔人形
こぞうさんの おきょう
子どものすきな神さま
ごろぜみ
ごん狐
ごんごろ鐘
最後の胡弓弾き
坂道
里の春、山の春
サルト サムライ
島(1932年11月)
島(1932年12月)
正坊とクロ
深呼吸
雀の歌
センセイノ コ
そりとランターン
たけのこ(新字新仮名)
タケノコ(旧字旧仮名)
タレノ カゲ
チユーリツプ
張紅倫
ツイテ イツタ テフテフ
月から
月の角笛
デパートの窓
手袋を買いに
でんでんむし(新字新仮名)
デンデンムシ(旧字旧仮名)
でんでんむしの かなしみ(新字新仮名)
デンデンムシノ カナシミ(旧字旧仮名)
童話における物語性の喪失
どらが鳴る
鳥右ヱ門諸国をめぐる
ナガレボシ
二ひきの蛙
ヌスビトト コヒツヂ
沼の家
登つていつた少年
のら犬
花のき村と盗人たち
花をうめる

ひかる
ひとつの火
ひなた
百姓の足、坊さんの足
ひよりげた
ヒロツタ ラツパ
フルイ バシヤ

ミチコサン

椋の實の思出
病む子の祭
よい家
ラツパ
ラムプの夜
りんごの車
驢馬の びつこ
和太郎さんと牛
輪まはし

【翻訳作品】

ゐろりの中の街 スチーブンスン
誰か スチーブンスン
積木の町 スチーブンスン
僕の国 スチーブンスン
ちらちら光れ小い星 ジェーン・テーラー

【第二版・10作品追加(2015/09/04)】
【新美南吉全集・出版委員会】

新美南吉全集 114作品合本版

・日本を代表する児童文学作家新美南吉の『ごん狐』『デンデンムシノカナシミ』『おじいさんのランプ』『牛をつないだ椿の木』『手袋を買いに』など代表作含む114作品を1冊に収録。
・読みやすさを重視し、各作品、章へのリンク付の目次を採用。

収録内容
赤い蝋燭
赤とんぼ
あし
明日
あとがき ――『おぢいさんのランプ』後書――
飴だま
一年生たちとひよめ
一れつ
井戸

いぼ
ゐろりの中の街 
ウグヒスブエヲ フケバ
ウサギ
牛をつないだ椿の木

うた時計
乳母車
ウマヤノ ソバノ ナタネ
うまれて 來る 雀達
海から歸る日
売られていった靴
王さまと靴屋
巨男の話
お母さん達
丘の銅像
おじいさんのランプ
お月さまを
落とした一銭銅貨
カゴカキ
鍛冶屋の子
カタツムリノ ウタ
がちょうの たんじょうび
ガチヨウノ タンジヨウビ
カナヅチ
蟹のしょうばい
かぶと虫(新字旧仮名)
かぶと虫(新字新仮名)

カンザシ
カンテラ

狐のつかい
木の祭り
久助君の話
去年の木

ゲタニ バケル
仔牛(新字旧仮名)
仔牛(旧字旧仮名)
苔人形
こぞうさんの おきょう
子どものすきな神さま
ごろぜみ
ごん狐
ごんごろ鐘
最後の胡弓弾き
坂道
里の春、山の春
サルト サムライ
島 (赤い鳥社、1932(昭和7)年11月分)
島 (赤い鳥社、1932(昭和7)年12月分)
正坊とクロ
深呼吸
雀の歌
センセイノ コ
そりとランターン
たけのこ
タレノ カゲ
チユーリツプ
張紅倫
ちらちら光れ小い星 
ツイテ イツタ テフテフ
月から
月の角笛
積木の町 
デパートの窓
手袋を買いに
デンデンムシ
デンデンムシノ カナシミ
童話における物語性の喪失
どらが鳴る
鳥右ヱ門諸国をめぐる
ナガレボシ
二ひきの蛙
ヌスビトト コヒツヂ
沼の家
登つていつた少年
のら犬
花のき村と盗人たち
花をうめる

ひかる
ひとつの火
ひなた
百姓の足、坊さんの足
ひよりげた
ヒロツタ ラツパ
フルイ バシヤ

ミチコサン

椋の實の思出
病む子の祭
よい家
ラツパ
ラムプの夜
りんごの車
驢馬の びつこ
和太郎さんと牛
輪まはし

著者について
新美南吉(にいみ なんきち、1913年7月30日 – 1943年3月22日)は、日本の児童文学作家。本名は新美正八(旧姓:渡辺)。愛知県半田市出身。雑誌『赤い鳥』出身の作家の一人であり、彼の代表作『ごん狐』(1932年)はこの雑誌に掲載されたのが初出。結核により29歳の若さで亡くなったため、作品数は多くない。童話の他に童謡、詩、短歌、俳句や戯曲も残した。彼の生前から発表の機会を多く提供していた友人の巽聖歌は、南吉の死後もその作品を広める努力をした。
出身地の半田には、新美南吉記念館のほか、彼の実家や作品ゆかりの場所を巡るウォーキングコースも作られている。半田市は生誕100周年にあたる2013年に新美南吉生誕100年記念事業を各種行った。

新美南吉作品集: 114作品収録

日本児童文学、童話の大家、新美南吉の代表作『ごん狐』『デンデンムシノカナシミ』『おぢいさんのランプ』『牛をつないだ椿の木』『手袋を買いに』を含む114作品を収録

赤い蝋燭 (新字新仮名)
赤とんぼ (新字新仮名)
あし (新字新仮名)
明日 (新字旧仮名)
あとがき ――『おぢいさんのランプ』後書――(新字旧仮名)
飴だま (新字新仮名)
一年生たちとひよめ (新字新仮名)
一れつ (新字旧仮名)
井戸 (新字旧仮名)
疣 (新字旧仮名)
いぼ (新字新仮名)
ゐろりの中の街 (新字旧仮名)     →スティーブンソン ロバート・ルイス(著者)
ウグヒスブエヲ フケバ (旧字旧仮名)
ウサギ (旧字旧仮名)
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名)
嘘 (新字新仮名)
うた時計 (新字新仮名)
乳母車 (新字旧仮名)
ウマヤノ ソバノ ナタネ (旧字旧仮名)
うまれて 来る 雀達 (旧字旧仮名)
海から帰る日 (旧字旧仮名)
売られていった靴 (新字新仮名)
王さまと靴屋 (新字新仮名)
巨男の話 (新字新仮名)
お母さん達 (旧字旧仮名)
丘の銅像 (新字新仮名)
おじいさんのランプ (新字新仮名)
お月さまを (新字旧仮名)
落とした一銭銅貨 (新字新仮名)
カゴカキ (旧字旧仮名)
鍛冶屋の子 (新字旧仮名)
カタツムリノ ウタ (旧字旧仮名)
がちょうの たんじょうび (新字新仮名)
ガチヨウノ タンジヨウビ (旧字旧仮名)
カナヅチ (旧字旧仮名)
蟹のしょうばい (新字新仮名)
かぶと虫 (新字旧仮名)
かぶと虫 (新字新仮名)
川 (新字新仮名)
カンザシ (旧字旧仮名)
カンテラ (新字旧仮名)
狐 (新字新仮名)
狐のつかい (新字新仮名)
木の祭り (新字新仮名)
久助君の話 (新字新仮名)
去年の木 (新字新仮名)
熊 (新字旧仮名)
ゲタニ バケル (旧字旧仮名)
仔牛 (新字旧仮名)
仔牛 (旧字旧仮名)
苔人形 (新字旧仮名)
こぞうさんの おきょう (新字新仮名)
子どものすきな神さま (新字新仮名)
ごろぜみ (新字旧仮名)
ごん狐 (新字新仮名)
ごんごろ鐘 (新字新仮名)
最後の胡弓弾き (新字新仮名)
坂道 (旧字旧仮名)
里の春山の春 (新字新仮名)
サルト サムライ (旧字旧仮名)
島 (新字旧仮名)
島 (新字旧仮名)
正坊とクロ (新字新仮名)
深呼吸 (新字旧仮名)
雀の歌 (新字旧仮名)
センセイノ コ (旧字旧仮名)
そりとランターン (新字旧仮名)
たけのこ (新字新仮名)
タケノコ (旧字旧仮名)
誰か (新字旧仮名)     →スティーブンソン ロバート・ルイス(著者)
タレノ カゲ (旧字旧仮名)
チユーリツプ (旧字旧仮名)
張紅倫 (新字新仮名)
ちらちら光れ小い星 (新字旧仮名)     →テーラー ジェーン(著者)
ツイテ イツタ テフテフ (旧字旧仮名)
月から (新字旧仮名)
月の角笛 (新字旧仮名)
積木の町 (新字旧仮名)     →スティーブンソン ロバート・ルイス(著者)
デパートの窓 (新字旧仮名)
手袋を買いに (新字新仮名)
デンデンムシ (旧字旧仮名)
デンデンムシノ カナシミ (旧字旧仮名)
童話における物語性の喪失 (新字新仮名)
どらが鳴る (新字旧仮名)
鳥右ヱ門諸国をめぐる (新字旧仮名)
ナガレボシ (旧字旧仮名)
二ひきの蛙 (新字新仮名)
ヌスビトト コヒツヂ (旧字旧仮名)
沼の家 (新字旧仮名)
登つていつた少年 (新字旧仮名)
のら犬 (新字新仮名)
花のき村と盗人たち (新字新仮名)
花をうめる (新字新仮名)
光 (新字旧仮名)
ひかる (新字旧仮名)
ひとつの火 (新字新仮名)
ひなた (新字旧仮名)
百姓の足坊さんの足 (新字旧仮名)
ひよりげた (新字新仮名)
ヒロツタ ラツパ (旧字旧仮名)
フルイ バシヤ (旧字旧仮名)
屁 (新字新仮名)
僕の国 (新字旧仮名)     →スティーブンソン ロバート・ルイス(著者)
ミチコサン (旧字旧仮名)
耳 (新字旧仮名)
椋の実の思出 (旧字旧仮名)
病む子の祭 (新字新仮名)
よい家 (新字旧仮名)
ラツパ (旧字旧仮名)
ラムプの夜 ――学芸会のための一幕劇(新字旧仮名)
りんごの車 (新字旧仮名)
驢馬の びっこ (旧字旧仮名)
和太郎さんと牛 (新字新仮名)
輪まはし (新字旧仮名)

著者について
新美南吉(にいみ なんきち、1913年7月30日 – 1943年3月22日)は、日本の児童文学作家。本名は新美正八(旧姓:渡辺)。愛知県半田市出身。雑誌『赤い鳥』出身の作家の一人であり、彼の代表作『ごん狐』(1932年)はこの雑誌に掲載されたのが初出。結核により29歳の若さで亡くなったため、作品数は多くない。童話の他に童謡、詩、短歌、俳句や戯曲も残した。彼の生前から発表の機会を多く提供していた友人の巽聖歌は、南吉の死後もその作品を広める努力をした。
(出典:Wikipedia)

※上記作品は青空文庫に収録されているものです。
収益の一部を青空文庫及び東日本大震災、熊本地震の復興支援のため寄付させていただきます。

英語で読む新美南吉 ごん狐 英語で読む日本の名作

新美南吉の代表作「ごん狐」を英語で読んでみませんか。日本語の対訳つきです。わからない英単語は本文についている辞書機能で確認することができます。小説を読みながら英語を学びたい方にお勧めです。

Havent you ever done something that you thought was just lighthearted fun, but which you later came to regret? Oh, if we could only take it back. Find out what Gon gets up to and how he goes about making amends. Gon the Fox is a classic Japanese childrens story which also gives us a fascinating insight into the culture and lifestyle of the Japanese people.
This kindle version also contains a bonus story by Kenji Miyazawa – The Restaurant of Many Orders

Little J Books Bilingual Japanese Classics are a wonderful introduction to Japanese literature. As a further bonus, this kindle version also contains two-way links with the original Japanese text, providing a fun way for people to improve their reading in Japanese in a setting that is far more interesting than a language text book.

About the Author
Nankichi Niimi was born Shohachi Watanabe in what is now Handa City, Aichi Prefecture, on July 30, 1913, with the year 2013 marking 100 years since his birth. Gon the Fox is studied by every Japanese child in elementary school and it was recently estimated that over 60 million people have read this story, which he wrote at just 18 years of age. Although Niimi went on to write a large number of poems and short stories, such as Buying Mittens, Granpas Lamp and When the Thieves Came to Hananoki Village before his death from tuberculosis at age 29, Gon the Fox is undoubtedly the most famous and well-loved of all his works, and perhaps the most famous Japanese childrens story of all time.