おすすめの「宮沢賢治 教科書」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 教科書」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 教科書」

おとなのための中学校国語の教科書傑作集

「あ、国語の教科書って、こんなに面白かったんだ…!」

記憶の片隅におぼろに残る物語たち。
大人になってから読み返すそれらの作品は、
懐かしさと、そして意外にも新しい印象を与えてくれます。

大人になった今だからこそ読んでみたい、
中学校の国語の教科書に収録されていた珠玉の文学作品を
11編収録!

◇収録作品◇

走れメロス(太宰治)
オツベルと象(宮沢賢治)
檸檬(梶井基次郎)
高瀬舟(森鴎外)
故郷(魯迅・井上紅梅訳)
茶わんの湯(寺田寅彦)
トロッコ(芥川龍之介)
山月記(中島敦)
耳無芳一の話(小泉八雲・戸川明三訳)
小さき者へ(有島武郎)
杜子春(芥川龍之介)

編集:おとなのための教科書編集部

おとなのための小学校国語の教科書傑作集

あの頃を想いだす…
瑞々しい感性の頃に接した、数々の名作。
当時、よく意味が分からなくても、「感じたこと」は
今も深く心に残っているはず…

大人になった今だからこそ読み返してみたい、
小学校の国語の教科書に収録されていた珠玉の文学作品を
9編収録!

◇収録作品◇

ごん狐(新美 南吉)
野ばら(小川 未明)
やまなし(宮沢 賢治)
蜘蛛の糸(芥川龍之介)
手袋を買いに(新美南吉)
いちょうの実(宮沢賢治)
鼻(芥川龍之介)
注文の多い料理店(宮沢賢治)
よだかの星(宮沢賢治)

編集:おとなのための教科書編集部

オトナの短篇シリーズ05 「雨」

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」や、夢野久作の運動会にちなんだかわいいお話「寝ぼけ」、芥川龍之介の「魔術」など、詩や小説など「雨」にちなんだ10名の作品を選出。
電子書籍をまだ読んだ事がない!という方にもオススメの一冊です。                                                                                                                        【もくじ】
はじめに
 レインコートを着たてんと虫/櫻間中庸
 雨/竹内浩三
 〔雨ニモマケズ〕/宮沢賢治
 寝ぼけ/夢野久作
 雨あがり/山之口貘
 雨中記/小熊秀雄
 雨の日に香を燻く/薄田泣菫
 祖母/楠山正雄
 魔術/芥川龍之介
 雨/織田作之助
もっと「雨」を読みたい方は

みんなが読んだ 教科書の物語

「大きなかぶ」「ごんぎつね」「ちいちゃんのかげおくり」など子どもの頃に読んだ懐かしい名作を集めました。大人になった今、読み返すと新しい発見がたくさんあります。子どもへの読み聞かせにもピッタリの一冊。

「クラムボン」とは何か: 深読み「やまなし」

物語の読み方に正解なんてありません。
感じたままの読み方をするほうがきっと楽しいはずです。
そんな読み方の1つをこの本では紹介します。

テーマは宮沢賢治の「やまなし」についてです。
「この物語はいったい何なのか。」「クラムボン、イサドなどの謎の言葉が意味するものは。」などの、「やまなし」を読んだことがある人なら一度は抱いたであろう疑問について、寺田流に読み解いていきます。