おすすめの「宮沢賢治 思想」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 思想」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 思想」

和辻哲郎作品集: 49作品収録

日本を代表する哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家、和辻哲郎の『古寺巡礼』『風土』などの代表作含む49作品収録

アフリカの文化 (新字新仮名) 
ある思想家の手紙 (新字新仮名) 
生きること作ること (新字新仮名) 
院展遠望 (新字新仮名) 
院展日本画所感 (新字新仮名) 
埋もれた日本 ――キリシタン渡来文化前後における日本の思想的情況――(新字新仮名) 
エレオノラ・デュウゼ (新字新仮名) 
岡倉先生の思い出 (新字新仮名) 
巨椋池の蓮 (新字新仮名) 
歌集『涌井』を読む (新字新仮名) 
蝸牛の角 (新字新仮名) 
茸狩り (新字新仮名) 
樹の根 (新字新仮名) 
京の四季 (新字新仮名) 
享楽人 (新字新仮名) 
『偶像再興』序言 (新字新仮名) 
偶像崇拝の心理 (新字新仮名) 
孔子 (新字新仮名) 
古寺巡礼 (新字新仮名) 
自己の肯定と否定と (新字新仮名) 
四十年前のエキスカージョン (新字新仮名) 
「自然」を深めよ (新字新仮名) 
城 (新字新仮名) 
人物埴輪の眼 (新字新仮名) 
すべての芽を培え (新字新仮名) 
『青丘雑記』を読む (新字新仮名) 
「ゼエレン・キェルケゴオル」序 (新字新仮名) 
世界の変革と芸術 (新字新仮名) 
創作の心理について (新字新仮名) 
漱石の人物 (新字新仮名) 
地異印象記 (新字新仮名) 
月夜の東大寺南大門 (新字旧仮名) 
停車場で感じたこと (新字新仮名) 
寺田さんに最後に逢った時 (新字新仮名) 
寺田寅彦 (新字新仮名) 
転向 (新字新仮名) 
藤村の個性 (新字新仮名) 
土下座 (新字新仮名) 
夏目先生の追憶 (新字新仮名) 
能面の様式 (新字新仮名) 
麦積山塑像の示唆するもの (新字新仮名) 
初めて西田幾多郎の名を聞いたころ (新字新仮名) 
文楽座の人形芝居 (新字新仮名) 
ベエトォフェンの面 (新字新仮名) 
松風の音 (新字新仮名) 
面とペルソナ (新字新仮名) 
『劉生画集及芸術観』について (新字新仮名) 
霊的本能主義 (新字新仮名) 
露伴先生の思い出 (新字新仮名) 

著者について
和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 – 1960年12月26日)は、日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られ、その倫理学の体系は和辻倫理学と呼ばれる。日本倫理学会会員。
(出典:Wikipedia)

※上記作品は青空文庫に収録されているものです。
収益の一部を青空文庫及び東日本大震災、熊本地震の復興支援のため寄付させていただきます。

聖地感覚 (角川ソフィア文庫)

聖地の力の謎を求め、京都東山修験道に赴いた著者。深い森に迷い、日常の常識を手放した時、身体古層から湧き上がってきたものとは。人間を自然へと解き放つ野生の声を描く、聖地の画期的フィールドワーク!

霊性の文学 言霊の力 (角川ソフィア文庫)

たった一人の本当の神を探し求めた宮沢賢治、信仰と宗教の違いを問いかけた三輪明宏、自由の魅惑と苦悩を冷徹に突き詰めたドストエフスキー。霊性を見つめた人々の言葉を辿り、底に流れる言霊の力を発見する。

霊性の文学 霊的人間 (角川ソフィア文庫)

魂の故郷を探し続けたヘッセ、独特の時空感覚をもつ宮沢賢治、孤独に命を吹き込んだ遠藤周作。豊かな記憶と感情をたたえる「聖地」をこころの中にもつ「霊的人間」たちの言葉に、現代を生きぬく知恵を探る。

悔いのない人生 死に方から生き方を学ぶ「死生学」 (SB新書)

「死」を考えれば「生」は輝く!

◎「縁起でもない!?」ことを考えよう!
人生で後悔したくなければ、〈死に方〉を学びなさい。
誰もが逃れられない死。しかし、長寿社会で生きる現代人は死を遠ざけ、希薄化し、死に対してもはや不感症になりつつある。

古典からの叡智をひもときつつ、死を意識し、考えることは、すなわちより〈よく〉生きる方法を見つけることにもつながるのだ。
現代人が失ってきた〈死生観〉を取り戻し、いつかくる〈その時〉にも備える!

●目次
第1章 死の孤独と距離を置く
第2章 悔いのない最期を迎える
第3章 老いと上手に付き合う
第4章 病とともに生きる
第5章 その瞬間まで精神を保つ
第6章 遺してゆく人々のために
第7章 死者の魂に思いを馳せる