おすすめの「宮沢賢治 エッセイ」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 エッセイ」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 エッセイ」

宮沢賢治全集

著者: 中原 中也(1907-1937)  底本: 新編中原中也全集 第四巻 評論・小説  角川書店
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

宮沢賢治の青春 “ただ一人の友”保阪嘉内をめぐって (角川文庫)

「私が友保阪嘉内、私が友保阪嘉内、我を棄てるな」と賢治に言わしめた盛岡高等農林学校時代のただ一人の友、保阪嘉内。才気煥発、明朗闊達な彼に強く魅かれ、大きな影響を受ける賢治。だが、二人の交流は賢治の国柱会への傾倒をめぐって変化し、やがて訣別してしまう。『銀河鉄道の夜』をはじめとする厖大な作品群の成り立ちと実生活の謎の数々を、二人の友愛を裏づける多くの資料をもとに解き明かす、画期的かつ衝撃的な賢治研究の新成果。

宮沢賢治全集刊行に際して

著者: 中原 中也(1907-1937)  底本: 新編中原中也全集 第四巻 評論・小説  角川書店
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

宮沢賢治 異界を見た人 (角川文庫)

賢治が日常的に神秘を目にし、それを記録したものを「心象スケッチ」と呼んでいたことは有名である。しかし、合理主義を底流としたこれまでの批評姿勢では、賢治の「心象スケッチ」、その本質にある神秘に迫ることはほとんど不可能だった。本書は、賢治が疑いなく持っていた非凡な素質に迫り、賢治自らが生きていた〈神秘〉を初めて真摯に追求する。賢治研究史に新時代を開く最重要論考、ついに登場!

この作品は、「宮沢賢治 見人(ヴォワイヤン)の文学)」(洋々社、1983年12月刊)を改題のうえ、内容を一部変更した文庫が底本です。

宮沢賢治と裁判の話

裁判員制度が始まりました。国民の司法参加は社会のあり方を規定するが、現在進行しつつある司法制度改革は、日本人の意識を変えていくかもしれない。現職裁判官の透徹したそれでいてユーモアたっぷりの記述は、私たち国民が身に付けるべき司法感覚を指し示す。