おすすめの「宮沢賢治 どんぐりと山猫」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮沢賢治 どんぐりと山猫」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮沢賢治 どんぐりと山猫」

どんぐりと山猫

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の短編童話。初出は「イーハトヴ童話 注文の多い料理店」[盛岡市杜陵出版部・東京光原社、1924(大正13)年]。生前の童話集「注文の多い料理店」に収められている。「注文の多い料理店」広告文に「山猫拝と書いたおかしな葉書が来たので、こどもが山の風の中へ出かけて行くはなし。」と賢治は書く。どんぐりの光が消えることは、現実の世界で生きなければならないということ。それはまたいつまでも子供でいられないということである。

どんぐりと山猫

ある日、山猫から、一郎の家にハガキが届きます。明日裁判をするので来てくださいという招待状です。山猫を訪ねてふしぎな世界で一郎が活躍します。一郎はどんな判決をするのでしょう。宮沢賢治の楽しい童話。

宮沢賢治~どんぐりと山猫~

宮沢賢治~どんぐりと山猫~
名作を安価で。シンプルな横書きの電子書籍。

グスコーブドリの伝記―猫の事務所・どんぐりと山猫 (ますむら・ひろし賢治シリーズ) (扶桑社コミックス)

宮沢賢治の分身というべき主人公の半生を描いた傑作「グスコーブドリの伝記」。そして、人間関係を風刺した短編「猫の事務所」「どんぐりと山猫」も併せて収録。「人はいかにいきるべきか」を自らに問い続けた宮沢賢治。イマジネーション溢れるその世界をますむら・ひろしが完全劇画化しました。

注文の多い料理店・どんぐりと山猫・双子の星 (マーガレットコミックスDIGITAL)

狩りから帰る途中、道に迷いお腹を空かせた紳士ふたり。山奥で見つけた「料理店」に入るが…「どんぐりと山猫」「双子の星」も同時収録。