おすすめの「宮本昌孝」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮本昌孝」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮本昌孝」

ドナ・ビボラの爪 上

死者二万余人、流失家屋数万戸と記録される大嵐「濃洲大洪水」の真っ只中、沛然と降りしきる雨のしたで、美濃国守護所で一人の赤子が産声を上げた。ぎょろ目、長々しい中停、角張ったあご。その威圧的な容貌は、蝮で知られる父・斉藤道三に瓜二つであり、抱き上げた忠臣・堀田道空は、主君に並ぶ大器誕生の予感に喜びを覚える。だがその期待は稲妻が全身を照らし出した瞬間、絶望に変わった。赤子の股には、男子たる証がなかったのだった……。醜女として家臣に忌避されながらも、道三や道空らに武士として教育を施される娘は、あるとき、崇福寺の法嗣・快川紹喜の元で修行する稚子・希希に恋をし、次第に女に目覚めていくが、身分違いの恋は、容赦なく二人を引き裂いてしまう。失恋に打ちひしがれる女のもとに、隣国尾張・織田三郎信長との縁談が持ち込まれるが――。歴史上から忽然と姿を消した信長の妻・帰蝶の謎に迫る、本格歴史伝奇小説、ここにあり。

ドナ・ビボラの爪 下

紅地に金糸など色糸の唐花模様という下半身。山鳥の毛を植えた濃い藍色地に、背面いっぱいに白毛で織り出した揚羽蝶が、上半身。そして、上の鳥毛と下の裂地とは巧みに繋がれている(中略)。
「そなたが立てたと申すか」
「むろん京の職人に織らせましたが、意匠はすべてわたしが……」
 衣桁にかけられたその陣羽織を眺めながら、信長が驚き、帰蝶は含羞んだ。
「わたしも殿とともに戦陣にありたいと願うたのでございます」
「それゆえの蝶よな」
「はい。殿がこの蝶に守られ、ご無事でわたしのもとへお帰りあそばすように」
「であるか」
 信長は微笑んだ。
「ならば、初めて用いるのは、わが嫡男が生まれてから最初のいくさといたそう」
 と帰蝶の膨らんだ腹へ、信長は手を置いた。
「そして、この子の元服祝いに譲り与える」
「嬉しゅうございます」
 仲睦まじい若き夫婦は、互いの顔を寄せ、唇を温かく濡らし合った。(本文より)

決戦!川中島

累計8万部突破の「決戦!」シリーズ最新作! 武田VS上杉――戦国最強同士の激突、その時、二人の英雄は何を思うのか。原点にして、さらなる進化を遂げた「決戦!」を見届けよ!武田勢:武田信玄×宮本昌孝、武田信繁×矢野 隆、真田昌幸×乾 緑郎、山本勘助×「決戦!小説大賞」受賞・佐藤巖太郎。上杉勢:上杉謙信×冲方 丁、甘粕景持×木下昌輝、宇佐美定満×吉川永青

剣豪将軍義輝(上) 鳳雛ノ太刀 (徳間文庫)

十一歳で室町幕府第十三代征夷大将軍となった足利義藤(のちの義輝)の初陣は惨憺たるものだった。敗色濃厚と知るや自ら城に火を放ち逃げ出す驀臣たち。一人戦場に挑んだ己の無力。既に将軍の権威は地に墜ち、世は下克上の乱世を迎えていた。窮地で旅の武芸者の凄まじい剣技を目撃した少年将軍は、必ずや天下一の武人になると心に誓う。圧倒的迫力、一気読み必至の歴史巨編ついに始動! 【解説/縄田一男】

乱丸 上

「わたしは、天下布武の子なのだ。何があろうと、決して上様を裏切らない。上様の御為に生きて死ぬ」。信長に初期から仕え、武名高き森三左衛門。その子として美濃・金山城に生を受けた森乱丸は、幼き日に、敬愛する父と兄を戦で失った。やがて美しく才気溢れる若者に成長した乱丸は、信長自らに請われ、近習として仕えることになる。完成間近の安土城、天下の頂点に立とうとする主君。その傍らで苦楽を共にする近習、そして名高き戦国武将たち。十三歳の若武者の目に映じたその姿と心の内とは…。百年の乱世を畢わらせる。主君の大望を果たすため、若武者は、自らの生を賭ける! 第4回歴史時代作家クラブ賞・作品賞受賞作。