おすすめの「宮城まり子 本」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「宮城まり子 本」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「宮城まり子 本」

「聴く」技術が人間関係を決める

コミュニケーション上手の条件は、実は話すよりも「聴く」こと。話を上手に聴ける人は、仕事でもプライベートでも確実に相手の心をつかみます。本書では、話を聴くプロである心理カウンセラーが聴き方の極意を伝授。話を聴くための心がまえから視線、あいづちの打ち方、相手の話を引き出す質問のしかたなど、上手に聴く力を身につけて人間関係を円滑にする方法をくまなく学べる一冊。

P+D BOOKS 男と女の子

吉行文学の真骨頂、繊細な男の心模様を描く。

戦後の混沌とした時代、男は安定を求めて大会社のサラリーマンとなった。

だが、人員整理でクビとなり退職金を受け取った日、ヌードモデル志望の少女と出会う。丸顔に濃い化粧、大きな頭でアンバランスな躰の彼女にやがて愛憐の情が湧きはじめる――。

空虚感を纏いながらこの時代を生きていく男と雑誌編集者の友人との交流、戦禍に散った友人への回顧など、卓越した心理描写で綴られた珠玉の作。

他に「水族館にて」「白い神経毬」「人形を焼く」の短編3作品を収録。

デボネア・ドライブ3<デボネア・ドライブ> (ビームコミックス)

よしもとばなな「大好きすぎてゲロ吐きそうだ!」、江口寿史「こんなカッコイイ漫画最近見たことない」、とにかく絶賛の嵐! ハラハラ、ドキドキ、マッタリ、トローンな、旅も終わる…の? オシャレでキュートで不思議で切ないロード・コミック、唖然呆然断然ハッピーな、ラストシーンをお見逃しなく!

デボネア・ドライブ2<デボネア・ドライブ> (ビームコミックス)

オシャレでキュートで不思議で切ない漫画を描かせたら、正に世界一の、朝倉世界一が、そのセンス溢れる才能を完全解放した長編ロードコミック、待望熱望切望の第2巻! クラゲのエチゼンくんと、謎のサーファー美女マリちゃん、オカマのモモヤマさん…ユカイな仲間の、ハラハラ、ドキドキ、マッタリ、トローンな、旅は続きます。

P+D BOOKS 焔の中

青春=戦時下だった吉行の半自伝的小説。

 昭和19年8月――、僕に召集令状が届いた。その後の入営は意外な顛末を迎えるが、戦時下という抑圧された時代、生と死が表裏一体となった不安を内包し、鬱屈した日々を重ねていく。まさしく「焔の中」の青春であった。
 狂おしいほどの閉塞感の中にあっても、10代から20代の青年らしい友人との、他愛のない会話、性への欲望、反面、母への慕情など巧緻な筆致で描かれる。また、戦争とは一線を引いたかのような、主人公の透徹した眼差しと、確固たる自尊心は一貫しており、吉行自身のメンタリティが垣間見える、意欲作である。