おすすめの「大原まり子」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「大原まり子」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「大原まり子」

ハイブリッド・チャイルド

長期にわたるアディアプトロン機械帝国との闘いに終止符を打つべく、最終兵器が軍の施設内でひそかに研究・開発された。組み換え自在の特殊金属ユニットの骨組みに、バイオ技術で創り上げた細胞を肉付けした宇宙戦闘用生体メカニックのサンプルB群。そのうちの一機が意志を持ち、軍から脱走した。さまざまな形にメタモルフォーゼしながら逃亡の旅を続ける脱走者の運命は……幻惑の未来を描く星雲賞受賞の本格SFの傑作。

戦争を演じた神々たち[全]

破壊する創造者、堕落した王妃、不死の恐竜伯爵、男から女への進化、完全なる神話学的生態系、等々。生命をめぐるグロテスクで寓意に満ちたイメージが、幻視者、大原まり子のゴージャスかつシンプルな文体で、見えざる逆説と循環の物語として紡ぎあげられた。現代SF史上もっとも美しくもっとも禍々しい創造と破壊の神話群。第15回日本SF大賞受賞作とその続篇を、著者自ら再編成しておくる、華麗で残酷な幻惑の輪舞。

銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ

宇宙をあまねく旅している子男ガードゥスの率いるサーカス団が、4年ぶりに辺境の農園惑星フルフトバールにやってきた。今回の興業最大の呼び物は、地球に生まれ10世紀を経た今、言葉を喋り、宇宙を翔ぶクジラ。子供時代に別れを告げつつある多感な少年ジョシュアはクジラと出会い、大人の世界を垣間見るのだったが……リリシズムあふれる表題作をはじめ、SFの多彩な側面をみせる6短編を収録する本格SF作品集。

マジック・ポイント (FEEL COMICS)

個性的ファッション誌の編集者・沢田ちえみはモテない女。妹のエミや沢田家の女たちはモテるのに、なぜ?運命の鍵を握るのは魅力指数=マジック・ポイント!?日本SF大賞受賞作家・大原まり子の原作を得て、ニッポン漫画界の鬼才・岡崎京子が描く、フィロソフィカルでラブリー&ハッピーな傑作!

ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス

謎のウイルスに襲われた電脳世界、そしてミルキーピア存続の危機! オールスターキャスト総出演の最終話

 アミューズネットを吹き荒れる謎のウイルス赤死病の猛威。その原因は特定できず、ネットパトのチェックも効かない。またまたミルキーピア探偵局は、赤死病対策に乗り出すも、苦戦の連続。加えてこれまで蓄積したネット潜りの疲労に体調を崩して苦しむ片山秀人。復讐と因縁。さまざまに絡み合うものがほどけたときに現われたものは……。
 ドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズのうち、SFマガジン1995年1月臨時増刊号に掲載され、そのまま単行本にまとめられなかった幻の作品が、電子オリジナルとして登場! 本書はその第11弾にして完結編。1000枚を超える以下のエピソード(前・後編)のほか、作者口上、幕間まんがも併せて収録している。

第11話 史上最大のメリークリスマス(前・後編)

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。