おすすめの「古賀史健 amazon」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「古賀史健 amazon」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「古賀史健 amazon」

ビジネス書大賞2014 今読むべき、ビジネス書はこれ!

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2013年のベストビジネス書発表!

全国の書店、出版社、マスコミ、ブロガー
約80名の選考委員が選んだ2013年ベストビジネス書を熱い推薦の声とともにお届けいたします。

受賞者インタビュー収録!

嫌われる勇気

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない――
【対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇】

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、
対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、
現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。

本書では平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、
哲学者と青年の対話篇形式によってその思想を解き明かしていきます。
著者は日本におけるアドラー心理学の第一人者(日本アドラー心理学会顧問)で、アドラーの著作も多数翻訳している岸見一郎氏と、
臨場感あふれるインタビュー原稿を得意とするライターの古賀史健氏。
対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。

ネコロジー アドラーと猫の心理テスト

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「大切なのは共感すること。共感とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることだ」これは、アドラー博士の言葉です。
共感とは、人と人とが心を通い合わせること。相手の目になり、耳になり、心になればそれも不可能ではないと博士は言います。でも、そのためにはまず自分の心にかけている鍵をはずす必要がありそうです。なかなか人と心を通い合わせることができないどころか、自分で自分のことがわからなくなるのも、その鍵のせい。この本は、あなたが心にかけている鍵を開けるためのもの。そのためのツールとして、29の心理テストを用意しました。ネコを題材にしているのは、あなたに猫の目で見、猫の耳で聞き、猫の心で感じてもらうため。猫になる(自分を客観視する)ことで、きっと鍵は開くはず。心と心を通い合わせることも可能になるはずです。

【内容】

(1)アドラー編/あなたの勇気度をチェック
 ・子猫の超能力
 ・影猫の舌
 ・猫が立ち上がった理由
 ・まとめ役猫の声かけ
 ・残された猫の気持ち
 ・猫背のイメージ
 ・ソックスをはいた猫
 ・なつかない子猫
 ・邪魔な猫の返答

(2)恋愛編/あなたの恋愛体質をチェック
 ・獲物を狙っている猫
 ・子猫が木にしがみつく理由
 ・猫は狭いところが好き
 ・猫の瞳の色の組み合わせ
 ・猫が見つけた嫌われもの
 ・不機嫌そうな猫
 ・お腹がすいた猫の行動
 ・ネコという名称を変える
 ・跳びたい猫
 ・猫がボロボロにした家具

(3)ビジネス編/あなたのできる度チェック
 ・後ろと左右にいる猫は誰
 ・前を行く猫の存在
 ・急に目の色を変えた猫
 ・猫が苦手な理由
 ・猫とコンビを組む動物
 ・愛猫に作ってあげたいもの
 ・猫にひっかかれた原因
 ・お皿を割った猫
 ・ボスにふさわしい猫の顔
 ・ソトネコ3兄弟の1匹

アドラーコラム
 ・なぜアドラー心理学は現代日本人にうけたのか
 ・アドラー博士の提唱する幸せとは?
 ・自分を変える方法とは?
 ・あなたを縛っているのはトラウマ?

アドニャーアドバイス(全29件)
 ・サディズムとマゾヒズムの共通点とは
 ・自分に合った「認知特性」をチェック
 ・夫婦円満の3つの秘訣とは
 ・恋人に浮気をさせない方法
ほか

幸せになる勇気

3年ぶりに哲人を訪ねた青年が語る衝撃の告白。それは「アドラーを捨てるべきか否か」という苦悩だった。アドラー心理学は机上の空論だとする彼に「貴方はアドラーを誤解している」と哲人は答える。アドラーの言う、誰もが幸せに生きるためにすべき「人生最大の選択」とは何か? 貴方の人生を一変させる哲学問答、再び!

アドラー 一歩踏み出す勇気 (SB新書)

人が持つ劣等感、それは飛躍の原動力である

アドラーブーム到来! 自己啓発の源流「アドラー心理学」がストーリー仕立てで学べる1冊。
7つのステップで「共同体感覚」をもつことで「劣等感」を克服し、人生は変えられる!
自分に悩み、人との関係に悩み、人生に悩んでいる多くの人を勇気づける。

アルフレッド・アドラーは、フロイトやユングとともに臨床心理学の基礎を築き、「アドラー心理学」あるいは「個人心理学」と呼ばれている。
アドラー心理学はこれまで日本ではあまり紹介されてこなかったため、その知名度は低かった。
しかしいま、先行き不透明な時代に生き方のヒントを求め、「アドラー心理学」に再び光が当たっている!

どうしていつも劣等感を抱いてしまうのか?
どうして他人が描いた人生を生きてしまうのか?
どうしてなかなか幸せを実感することができないのか?
どうしていつまでも自分は変われないのか?
このように、どうすれば幸福に生きられるのかは、いつの時代でも誰にでも共通した課題といえよう。

この本では、アドラーの考え方の全体像をおさえながら、その思想をわかりやすく伝えるため、謎の師匠「カラ爺」と青年が登場するストーリー仕立てにしながら、実生活、たとえば自分、友人、恋人、夫婦、親子、職場などの悩ましい人間関係を例に、7つのステップを踏みながらアドラーの全体像を学んでいくというもの。

アドラー心理学のキーワードとも言える「目的論」「劣等感」「ライフスタイル」「人生の3つの課題(対人関係・仕事・愛)」について語った上で、「共同体感覚」こそがあらゆる課題を克服する鍵であることを強調する。

自分に悩み、人との関係に悩み、人生に悩んでいる多くの人に気軽に読んでもらえる、ストーリーで学ぶ新書判「アドラー心理学」入門。

●目次
プロローグ
第1のステップ 自己成長の鍵は共同体との良好な関係にある
第2のステップ 人が持つ劣等感、それは飛躍の原動力である
第3のステップ キミは私的論理の虜になっていないだろうか
第4のステップ 人生の正しい目標とは共同体への貢献である
第5のステップ より多く得る人からより多く与える人になれ
第6のステップ 誠意ある態度とは相手を思いやることである
第7のステップ パートナーには献身で接することがすべてだ
エピローグ
付録 アドラー心理学を理解するためのキーワード集