おすすめの「古川薫の本」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「古川薫の本」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「古川薫の本」

真実を見抜く分析力  ビジネスエリートは知っているデータ活用の基礎知識

もう勘には頼らない!
超・文系でも分析力が身に付き、
データサイエンティストと仕事ができるようになる

“アナリティクス界のドラッカーが教える、
たった6ステップでできるデータ分析

ベストセラー『分析力を武器とする企業』(2008年発行)以来、データ分析を
企業経営に活かすことの重要性を早くから、説いてきた経営学者ダベンポート。
インターネットと技術の発展により、「何でもデータが取れる」今、一般ビジネ
スパーソンも仕事でデータ分析を使わない手はない。自分で数字を計算・分析
まではせずとも、分析手法や結果についてデータサイエンティストたちと議論が
できるようになるためのコツを6ステップで解説する。

<本書で分かる分析力が身に付くポイント1:重要なのは最初と最後のステップ>
正しい分析結果を得たり、その結果を適切にビジネス上の問題や課題の解決に
役立てるための「分析力」を高めるにはコツがある。本書が推薦し解説するのは、
ステップ1「問題認識」→ステップ2「過去の知見のレビュー」→ステップ3「モデル化(変数選択)」
→ステップ4「データ収集」→ステップ5「データ分析」→ステップ6「結果の説明と実行」という
6ステップを踏む方法だ。一方、このステップでいうと、みながよく誤解するのが、「重要なのは
ステップ3『モデル化』からステップ5『データ分析』の段階」と思うことだ。しかし、こうしたいわゆる
“分析作業のステップより、一般のビジネスパーソンにとって重要なのは、その前後の段階、
ステップ1「問題認識」やステップ6「結果の説明と実行」である。解決したい問題が何なのかを
正確に把握=「問題認識」できなければ、大量のデータがいくらあっても意味はない。同様に、
いくら分析しても、その結果を決定権をもつ幹部陣に魅力的にプレゼンテーションし、問題解決のために使う
「結果の説明と実行」ができなければ、それもまた分析をしても意味がないからだ。

松下村塾 (講談社学術文庫)

開塾にあたって松陰は「天下を奮発震動」させる人材が輩出すると予言した。松下村塾――それはわずか一年余の指導で、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文らの俊才を生み出した幕末の奇跡である。物置小屋を改造した粗末な塾舎では何があり、二十八歳の青年は塾生たちに何を教えたのか。塾の成立から閉鎖までを徹底検証、松陰の感化力と謎の私塾の全貌。(講談社学術文庫)

花冠の志士 小説久坂玄瑞

2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、主人公はこの若き志士を愛した! 幕末の乱世、尊王攘夷派の志士たちの中心人物として短い人生を駆けぬけた久坂玄瑞。長州藩医の子として生まれ、黒船来航から間もなく家族を喪い、攘夷の志に燃えた。松下村塾の双璧として高杉晋作と並び称され、師・吉田松陰の妹を妻とした。詩を愛し、武に生き、もののふとして散ったその生涯を描いた決定版。

夢はるかなる 近代日本の巨人・久原房之助 (PHP文庫)

日立製作所、日産自動車、ジャパンエナジーの基礎となった久原財閥の総帥・久原房之助。「鉄鋼王」の異名を馳せ、生涯を通じて「ユートピア」建設のロマンを追いかけながら、草創期の日本基幹産業の発展に挺身した屈指の実業家である。長州の商家に生まれた房之助は、慶応大学卒業後に貿易会社に就職するものの、ニューヨーク支店への栄転の夢を目前にして断念。経営難に陥っていた一族企業・藤田組の危機を救うべく、鉄鋼業の道を歩み、破竹の大躍進を果たす。一代で巨万の富を築きながらも、第一次大戦後の恐慌の煽りで事業難に陥り、政治家へと転身。逓信大臣、立憲政友会総裁を歴任し、日中露の「三国緩衝地帯論」を唱えるなど理想家の片鱗を見せつつ、「政界の黒幕」として近代日本の政治・経済に多大な影響を及ぼした。歴史の変革期である激動の明治、大正、昭和を縦横かつ奔放に闊歩した「巨人」の生涯を描く力作長編小説。

幕末・長州に吹いた風 PHP文庫

幕末の長州に巻き起こった一陣の「風」―その風がまたたくまに嵐を呼び起こし、ついには倒幕の大嵐となって全国を吹き抜けていった。吉田松陰、高杉晋作、木戸孝允、山県有朋など、時代の激流にもまれながらも、自らの「風」を創り出し、より大きな世界へ飛翔していった長州男児たち。本書は、彼ら一人一人の波乱の生涯をたどりながら、今一度その熱き思いを呼び起こさんと、長州在住の著者が綿密な調査をもとに書き綴った力作歴史随想集である。