おすすめの「冨山和彦 経営」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「冨山和彦 経営」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「冨山和彦 経営」

決定版 これがガバナンス経営だ!―ストーリーで学ぶ企業統治のリアル

権力メカニズムの機能不全が
企業の「稼ぐ力」を奪う!

カネボウやJALを再生させた日本のガバナンス経営の第一人者が、
古い日本的経営でも米国式株主主権主義でもない新しい経営のあり方を
ストーリー形式で解説する、ガバナンス指南書の決定版!!

【主な内容】
はじめに あなたはガバナンスを「経営」できますか?

第1部 ガバナンス経営のWhy? What? How?
第1章 Why? -なぜガバナンス経営が叫ばれているのか?
第2章 What?-日本の目指すコーポレートガバナンスとは何か?
第3章 How? -どうやってガバナンス経営を実践するのか?

第2部 ストーリーで学ぶリアルガバナンス経営 
第4章 社外取締役選任まで
第5章 内部ガバナンス
第6章 外部ガバナンス
第7章 グループ子会社のガバナンス
最終章 終わりのない改革に向けて

IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ (PHPビジネス新書)

勤めている会社は大丈夫か? 取引先は? 会社再生のプロが実践する37の手法。メーカー、小売・卸、飲食ビジネスなどエピソード満載!

IGPI流 ローカル企業復活のリアル・ノウハウ PHPビジネス新書

人口減、少子高齢化、都市部への一極集中、グローバル化。地方はこのまま衰退、消滅してしまうのか? そして「地方経済に未来はない」という俗説は本当なのか!? 著者は、日本企業を「G」と「L」とに分け、安易なグローバル企業楽観論、ローカル企業悲観論に警鐘を鳴らす。世界市場で戦う製造業を中心とした「グローバル経済圏の企業=Gの世界」と、国内市場においてヒトがサービスを提供する非製造業を中心とした「ローカル経済圏の企業=Lの世界」。一見、前者の前途には明るい未来が待っており、後者は未来のない産業と思われがちだが、現実はイメージどおりではない。グローバル企業だけでなく、福島交通、湘南モノレールなど、ローカル企業の現場をも熟知したIGPIのプロフェショナルたちが、外食、小売、卸売、製造、宿泊サービス業から学校法人、医療まで、業種ごとの事業の方向性を示し、ローカル経済圏を再生させるノウハウを公開。

事業の経済構造を前提に考えているか 戦略を語る前に語るべきこと(インタビュー) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

環境変化に惑わされ、そのつど戦略を変え、迷走する。
そして業績悪化の負のスパイラルをたどる……。

昨今、「日本企業には戦略がない」と
指摘する声がしばしば聞かれる。

誤った戦略を立てているのか、実行不全なのか、
それとも、本当にそもそも戦略がないのか。
企業再生と成長支援に関わってきた冨山和彦氏は、
戦略を問う前に考えるべきことがあると言う。

シェアを取ろうが、競争相手に勝とうが、
持続的に利益を上げられなければ意味はない。
最も重要なことは、事業の経済構造だというのが氏の指摘だ。

さらには、いかなる戦略も実行されなければ水泡に帰す。
組織の強みとの整合性が取れるかどうか、
戦略を実現できる組織体制をつくれるかどうかが
大きなカギを握ると説く。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年1月号)』に
掲載された記事を電子書籍化したものです。

IGPI流 ビジネスプランニングのリアル・ノウハウ (PHPビジネス新書)

「IGPI流リアル・ノウハウシリーズ」待望の第3弾! 今回のテーマは「ビジネスプランニング」。形式的、責任者不在、数字に具体性がない……残念な計画と決別し、実行を前提とした生々しい計画を作るにはどうすればいいのか。そもそもプランの目的は何か。ステークホルダーを説得できているか。自社の勝ちパターンを知っているか。メンバーと切実さ、真摯さ、熱さを共有できているか。経営の修羅場を経験してきた著者だからこそ語れるノウハウを満載。本書に書かれていることに、頭の中だけで考えた記述は一つもない。よその本に書いてあることや、誰かのお話の受け売りもない。すべてそれぞれの書き手の実体験、それも計画策定だけでなく、その後の現実経営に当事者として最終責任を負う立場で、ビジネスの世界のリアルな戦争を戦ってきた経験から導き出されたノウハウのエッセンスである。